最近のダイエット記事
ダイエットと足痩せ方法の違い(10/28)
足痩せに必要なことや方法(10/27)
発芽玄米ダイエットの効果とは(10/26)
発芽玄米でダイエット(10/25)
体質改善ダイエットと基礎代謝(10/24)
体質改善とダイエット(10/24)
ふくらはぎが太くなるのはなぜ?(10/23)
ふくらはぎの効果的な痩せ方(10/23)
カロリーダイエットのメニュー(10/22)
カロリーダイエットとは(10/19)

<PR>
丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。

体質改善ダイエットと基礎代謝

体質改善によるダイエットと、基礎代謝を上げることは深い関わりがあるとされています。
基礎代謝を上げる方法で直ぐに始められる方法はいくつかあります。
背筋を伸ばし姿勢を良くすることは、多少なりとも基礎代謝を高める効果があります。
体質改善ダイエットを成功させるには、小さなことからコツコツ行うことです。
いい姿勢でいるよう心がけてください。
基礎代謝を高めるには筋肉をつけることが大事です。
背中がかがみ気味だった方は背筋を伸ばすことによって背筋や腹筋を鍛え、筋肉をつけて体質を改善し、代謝アップを目指しましょう。
筋肉が多くついた体ほど代謝が高まり、摂取したカロリーを燃やしやすくします。
ダイエット効果以外にも、腰痛などの改善効果も見られますので、腹筋や背筋を鍛えることは意味があります。
体質改善によって基礎代謝を高めることができれば、脂肪が消費されやすい体になりダイエットの効率も良くなります。
脂肪の燃えやすい、基礎代謝の高い体質改善をすることで、筋肉トレーニングの効率も大幅に上がります。
背筋と太ももの筋肉が基礎代謝には重要な役割があるため、特に意識して鍛えると良いでしょう。
姿勢を正すことで、体内に入る酸素量が増えるメリットもあります。
酸素は筋肉がエネルギーを消費するためには必要不可欠です。
ダイエットを成功に導くためにも、酸素が取り込みやすく脂肪燃焼がしやすい体質改善をしましょう。
メタボや肥満が気になる方も、酸素の取り入れ量を増やして脂肪を燃やしましょう。
ダイエットを成功させるためには、肩こりや血流不足の原因となる冷え性の改善も大事です。
冷え性を軽減するには、基礎代謝を高めるこつが先決です。
posted by dietbaribari at 13:00 | ダイエット エクササイズ・運動

ふくらはぎが太くなるのはなぜ?

ふくらはぎを痩せたいと考えている人は少なくないようです。
何故ふくらはぎが太いのかという理由を追求する事が痩せるためには大切なことです。
皮下脂肪のためにふくらはぎが太く見えているという事態ばかりではないと知っておきましょう。
自分自身のふくらはぎはどうして太いのかをはっきりさせることによって、どうすればふくらはぎが痩せるのかが自ずとわかるものです。
日頃から油脂や糖分をたくさん摂取し脂肪が体内に蓄積されがちな人は、脂肪がふくらはぎについて太く見えることがあるようです。
脂肪が原因のタイプの特徴は、運動不足の人が多く、ふくらはぎの筋肉が少ない事が原因です。
筋肉が少ないふくらはぎは基礎代謝で脂肪を燃やすことがなく、脂肪が増えてしまうのです。
肥大した筋肉によって、ふくらはぎが太くなっているタイプの人もいます。
がっしりとしたふくらはぎの人に多いのが筋肉が原因のタイプです。
筋肉質なふくらはぎが痩せるには、筋肉を弱くするしかありません。
ふくらはぎの代謝が悪く水分で膨らんでいるなら、むくみや冷え性が原因となっていることがあります。
体内にセルライトが蓄積されやすい方は、ふくらはぎの膨らむ原因にむくみがある可能性について考えてみてください。
O脚気味の人は、その影響がふくらはぎに出ていることがあります。
脚が外側に開いていると、ふくらはぎが太くなるようです。
自分自身のふくらはぎを確認して、どんな方法でのふくらはぎ痩せが自分に適しているかを確認してください。
posted by dietbaribari at 17:00 | ダイエット エクササイズ・運動

ふくらはぎの効果的な痩せ方

効率的にふくらはぎが痩せる手法はどういったものでしょう。
脂肪がふくらはぎ太りの源なら、痩せるにはその脂肪を燃焼することです。
ふくらはぎを筋肉トレーニングで強化することにより、脂肪の代謝を促すことができます。
ふくらはぎは何かと使うことが多い部位ですので、筋肉をつけたり鍛えたりすることはそう難しくはありません。
歩くだけでもふくらはぎには負荷がかかり、筋肉増量をすることが可能です。
体質的に筋肉が増えづらい方や運動をほとんどしないという方は、ふくらはぎを鍛える運動やトレーニングにまずは取り組んでみましょう。
ふくらはぎの脂肪を効率的に燃焼させるには、ふくらはぎに筋肉をつけなければなりません。
筋肉があれば脂肪は燃えやすくなり、自ずと痩せていきます。
手軽なふくらはぎの筋トレには、かかとを上げてふくらはぎの筋肉に負荷をかけるという方法があります。
ふくらはぎの運動では、かかとの上げ下げが筋肉を鍛えられます。
料理の下ごしらえ中などに20回を目安に行ってください。
より筋肉を鍛えたいと思われる方は、片足でかかとの上げ下げをすると運動効果がより高くなるでしょう。
片足での運動は、両足でのかかと上げ下ろしと運動量が全く変わるので、注意深く行う必要があります。
簡単な足の体操でもふくらはぎ痩せが出来ます。
椅子に座り、片方の手で足首を掴み、もう片方の手で掴んだ足の爪先を掴みます。
足首を片手で固定し、つまさきをを掴む手を動かして足全体を右に30回回し、反対の足も同様に回すという運動です。
この運動を習慣化して続けることによって、ふくらはぎ痩せを目指せます。
お風呂上がりなど筋肉が柔らかい時に行うといいでしょう。
posted by dietbaribari at 03:00 | ダイエット エクササイズ・運動

しそ酢ダイエットと運動

ダイエットを補助するドリンクとしてしそ酢があります。
しそ酢ダイエットは、しそ酢単品で脂肪が燃えるわけではないことに注意しましょう。
しそ酢を飲むだけで他は何もしないでいては、ダイエットをやり遂げることはできません。
しそ酢を摂取する習慣をつくることと並行して、カロリー過多にならないバランスの取れた食事や、毎日体を動かすことを心がけましょう。
ダイエットに適した運動とはどの程度のものでしょうか。
運動慣れしていない人が急にきつい運動をしても辛いばかりですから、まず30分ほどの有酸素運動をしてみましょう。
少し息切れがする程度の有酸素運動を、少なくとも20分は続けることで脂肪が代謝されていきます。
ジョギングなどのハードな運動を短時間しても疲れるだけで、あまりダイエット効果が期待できません。
ウォーキングとしそ酢を組み合わせたダイエット方法でもいいですし、ヨガやストレッチ運動も効果的です。
スケジュールが詰まっていて、運動の時間が確保できないという人も少なくないようです。
特に運動の時間を作らずとも、通勤や通学をいつもより早足で移動してみたり、自動車の移動を徒歩や自転車に切り替えるなどの工夫をしてみるのも効果的です。
専業主婦や自宅仕事で通いの機会がない人は、これまで車で移動していた場所へ自転車や徒歩で行くことにすると運動になり、腸の働きも活発化して便秘対策に効果的です。
ダイエット目的に限らず、便秘でお悩みの方はぜひしそ酢を飲み続けると共に定期的な運動に励むことをお勧めします。
体に優しいダイエットを長続きさせるため、毎食後のしそ酢摂取と、無理のない適度な運動を目指してください。
posted by dietbaribari at 22:00 | ダイエット エクササイズ・運動

骨盤ダイエットでウエスト痩せ

最近のダイエットには、ウエストを痩せるようにするためのエクササイズなどもあります。
ウエストを意識して身体を動かすことで、ウエスト周りの脂肪が燃焼されやすくなり痩せやすくなります。
骨盤ダイエットは、道具やスポーツ施設でのウエスト運動と同様、ウエストのスリムアップに効果的に作用する方法の1つです。
骨盤は身体の要であり、骨盤を整えることで身体の代謝が良くなりますので一層ウエスト痩せしすくなることでしょう。
ゆっくりと一定のリズムで行うことが、効率的な骨盤ダイエットのコツです。
骨盤ダイエットでは、腰に手を置いて体を左右にねじります。
この時、直立姿勢で足は肩幅まで広げ、体を安定させることが大事です。
腰に手を当てた状態で前屈をしたりなど、ウエスト周りを中心にストレッチを行うのが骨盤ダイエットのセオリーです。
骨盤ダイエットでは定まった法則があるわけでなく、基本さえ押さえておけば応用は自在です。
これはと思えるようなストレッチ方法で、自分なりのウエスト痩せダイエットに取り組んでもいいでしょう。
骨盤が歪んでいると、ウエストや下半身太りの原因だけではなく、冷え性や腰痛などを招きやすくなります。
ウエスト痩せを目指す運動は一朝一夕で劇的な効果が出るわけではなく、毎日の積み重ねがものをいいますので、運動を習慣にしたいものです。
この頃体を動かす機会が少ないという方は、骨盤矯正エクササイズで脂肪の代謝促進とウエスト痩せに取り組むいい機会かもしれません。
posted by dietbaribari at 00:00 | ダイエット エクササイズ・運動

脚ダイエットに有効な運動とケア

運動と脚のケアが、脚のダイエットを成功させるためには、カロリーコントロールを中心としたダイエットに加えて大切なことだといえます。
血行促進が脚のダイエットには重要です。
有酸素運動を、まずは積極的にやってみましょう。
急に激しい運動を始めるのは、上手なダイエット方法だとはいえません。
身体に負担をかけてしまうだけなのです。
こむら返りや筋肉痛を引き起こす可能性もありますので、普段あまり運動になじみのない方は、1日10分長く歩くところから始めてみましょう。
そしておすすめなのは、電車や自動車に替えて自転車を使ったり、意識的に階段を使ったりするダイエットの方法です。
長く続けることが、脚のダイエットのポイントですので、できるところから挑戦することをおすすめします。
脚のケアについても、いくつかポイントがあります。
例えば、寝るときに脚を頭より高く上げておくと、むくみがスッキリしますし、シャワーよりも浴槽に浸かることで血行が良くなります。
立派な脚のダイエットには、たったこれだけでも毎日繰り返すことで効果があります。
また、脚を引き締めるストッキングをはくのもダイエットに効果的です。
このような引き締め効果のあるストッキングが工夫されているのは、血行促進に効き目のあるツボを刺激するようになっている点です。
ダイエットに関心のある方だけではなく、健康面を意識している人も、指圧効果が得られることで注目しているといいます。
このように、脚のダイエットは普段の生活を地道に重ねることが成功の秘訣なのです。
posted by dietbaribari at 16:00 | ダイエット エクササイズ・運動

やせるための運動方法について

運動によってやせるには、いくつかの方法があるようです。
お腹の脂肪を燃やしてやせるには、ウエストをキュッと締める運動が役に立ちます。
足を肩の幅程度に広げ、前を向いて立ちます。
背筋を伸ばし、両手を前方に伸ばして両手の指を触れさせます。
深く息を吸い、ゆっくりと吐き出しながら、姿勢はそのままで上半身をそのまま右にひねっていきましょう。
体を右にひねったら、そのままの状態で5秒保ちます。
息を止めないよう気をつけて、手は前方に伸ばしたまま、しばらくその姿勢を保つことで運動になります。
そして、息を静かに吸いながら最初の姿勢に戻り、一旦動きを止めてから左側に上半身をひねります。
これを1セットとして朝夕10セット行うことをおすすめします。
また、立たずとも座った姿勢でできる腹筋運動も、下腹部の筋肉を燃焼させ、効果的にやせるのに適した運動です。
椅子に座り、地面と平行になるよう意識しながら右の太ももをあげます。
30秒上げ続けたら左足に移行します。
足を上げ、維持する時にはできるだけ腹筋で行います。
椅子を手でつかんでも構いませんし、慣れてきたら両足いっぺんに行うのもやせるためには効果的です。
運動テストにも用いられていたことがある、台の昇り下りをするという踏み台昇降運動も、家で可能な、やせるダイエット運動です。
上がる足、下りる足を左右交互にすることがポイントです。
あなたも毎日の生活にやせるための運動を取り入れてみませんか。
posted by dietbaribari at 19:00 | ダイエット エクササイズ・運動

やせる運動の種類

運動はダイエットには欠かせませんが、体を動かせば何でもいいということではありません。
やせる運動のやり方を覚えましょう。
やせるための運動のうち、有酸素運動は体脂肪や糖質を酸素と結びつけて代謝し、無酸素運動は糖質を代謝してエネルギーにします。
効率的にやせるには、この2種類の運動に加えて筋肉を温めスムーズに運動ができるようにするストレッチを使います。
有酸素運動とは、呼吸をして体内に酸素を取り込みながら行う運動のことです。
やせる有酸素運動として代表的なものは、自転車こぎやウォーキング、ジョギング、水泳などとなります。
有酸素運動でやせるのは、運動に必要なエネルギーを酸素と体内の脂肪分とを結びつけて作るため、脂肪が消費されるからです。
これに対して、重量あげや短距離ダッシュなどの、短時間で瞬発的な力を筋肉にこめるようなものが無酸素運動であり、有酸素運動と区別されます。
有酸素運動とは異なり、酸素を必要とせず元々の存在する糖質を筋肉の活動源として使います。
無酸素運動は筋肉を鍛える運動効果があり、筋力を増し筋肉量を増やすために行います。
脂肪が燃えやすくやせる体になるには、筋肉を増強して、安静にしていても脂肪が燃える基礎代謝の高い体になるといいでしょう。
有酸素運動も無酸素運動も、事前にストレッチをすることによって筋肉をほどよく温め、運動に取り組みやすい体にと整える効果があります。
運動はやせるだけでなく、蓄積されたストレスが解消され、健康づくりを促進し日常の充足感も増すようです。
posted by dietbaribari at 15:00 | ダイエット エクササイズ・運動

太ももを細くしてやせるためのストレッチ

脂肪がたっぷりついてだぶついて見える太ももをダイエットでやせる方法の1つに、太ももストレッチをするというものがあります。
太もものやせるダイエットでは、ふとももの筋肉をよく動かすストレッチや運動をすることです。
そのため、太ももがやせるストレッチでは、太ももの筋肉を曲げ伸ばしすることで動かします。
太ももがやせる運動では、これといった制約は存在しません。
立ち姿勢や椅子に座った姿勢で太ももを上下させてみたり、曲げ伸ばしをしてみたりして、どうすれば太ももに力を入れやすくやせる運動になるか考えることも楽しいですね。
ポイントは太ももの筋肉が伸びている実感を得ることです。
きつすぎない程度に、楽しく運動ができるようなストレッチをすることが、継続して太ももをやせるダイエットのポイントです。
スクワットも太ももダイエットにいいので、ストレッチ以外にも興味が出てきたら試してみてください。
スクワットは太ももの筋肉を活発に働かせますので、やせるためには打ってつけの運動です。
太もものやせる運動としてストレッチはいいかもしれませんが、かといった何時間もやって効果があるというものではありません。
早くやせるためにと焦る余り、体に無理をかけすぎるような、太ももの筋肉の損傷を招くほどの過剰な運動をしても逆効果にしかなりません。
急激に長時間の運動をするより、毎日少しずつ短時間の運動を必ずする方が効果的です。
寝る前や起床後に10分くらいの時間を作り、ストレッチをしてみてください。
posted by dietbaribari at 18:00 | ダイエット エクササイズ・運動

太もものサイズを落としてやせる方法

太ももがやせるようなダイエットにいい方法はないでしょうか。
太もものコンディションをチェックして、どんな太ももダイエットがいいかを検討しましょう。
固めな人は筋肉型の太ももです。
太ももが筋肉でみっしりという人は、ジムや部活動で日頃から体を動かしているのではないでしょうか。
太ももが筋肉タイプの人は、太ももダイエットにと運動をしても筋肉が強化されてますます太くなってしまいかねません。
運動量の増加は、太もものサイズを落としてやせるための方法としてはおすすめできません。
太ももの筋肉を使った運動をあまりせず、筋肉を減らして脂肪にすることが、筋肉型の太ももをやせるようにするための第一歩です。
筋肉を鍛えず放置することで脂肪にし、それを代謝で少なくすると太ももがやせるでしょう。
筋肉は鍛えても量は減りませんので、一旦脂肪にしてからエネルギー消費に用いるという方法がやせる早道になります。
筋肉の多い太ももがやせるダイエットをしたいなら、3ヶ月程度筋肉を休ませて筋肉量を減らしてから、運動を再開して脂肪を代謝させるというやり方がいいでしょう。
しばらく運動をしない期間を設けていたとしても、また運動を始めれば体のコンディションは元通りなりますので、運動を休むことに抵抗を感じている方でも大丈夫でしょう。
筋肉を休ませるとはいえ運動をしないということは難しい方は、水中ウォーキングなどの太ももへの負荷が軽い運動に切り替えるという方法もいいでしょう。
また、酢を積極的に摂取しながら有酸素運動をすることによって、太ももを効率よくやせることが可能になるでしょう。
posted by dietbaribari at 17:00 | ダイエット エクササイズ・運動

有酸素運動のダイエット効果

有酸素運動の長所はダイエットだけではありません。
心肺機能の強化や末梢血管の循環改善、体力アップなどの効果が期待できます。
末梢の血液循環が改善して代謝も良くなれば、中性脂肪値が下がり、善玉コレステロール値は上がってきます。
高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の予防や改善に関しても、有酸素運動は影響を及ぼします。
ほかにも、持久力をつけストレスを解消するといった効果が期待できます。
有酸素運動に取り組む人の中には、体に負担のかかる率が高い方がいいと思っている方もいます。
激しい運動よりも十分な酸素を取り入れながら軽い運動を続ける有酸素運動の方が、同じ時間でも脂肪燃焼量が多くなり、ダイエット効果は高くなります。
万歩計を付けて、1日1万歩のウォーキングによるダイエットをおすすめします。
自転車でのサイクリングや、水中ウォーキングでの有酸素運動は、ひざや腰を痛めている人でも無理なくできる運動です。
今の人たちの生活習慣と食生活では、消費カロリーより摂取カロリーが断然多いという人が大多数のようです。
ダイエットでは、余剰分のカロリーを効率的に使用することが目的となります。
毎日は難しくても一週間に3回以上、1度に1,500kcalを消費するような有酸素運動をする習慣をつけたいものです。
有酸素運動をダイエットに活かすためには、生活習慣に有酸素運動を上手に取り込むことといえます。
posted by dietbaribari at 14:00 | ダイエット エクササイズ・運動

有酸素運動ダイエットとは

有酸素運動は、健康作りにもダイエットにもいい方法として推奨されていますが、何をすると有酸素運動になるでしょうか。
スイミング、ウォーキング、ランニングなど長めの時間行える運動が有酸素運動です。
呼吸によって酸素を体内に取り入れ、脂肪を代謝してエネルギーにしています。
血液中には脂肪が流れています。
その脂肪が体脂肪となる前に、酸素と結合して燃焼させることによって肥満を回避することができるのです。
ダイエットには、体内の脂肪の消費を促進しやすい有酸素運動が効果的とされています。
体内に蓄積された体脂肪分は、血液中の脂質だけでは足りない時に使われています。
血中を流れる脂肪や付いてしまった体脂肪を減らすには、ゆっくりと深く多くの酸素を取り込むことで、より多くの脂肪を燃やすことができる有酸素運動が効果的なのです。
脂肪を分解して燃焼するためには、十分な量の酸素を必要とします。
しかし息が切れてしまうほどのきつい運動ではバテてしまうだけで、脂肪は燃焼してくれず、ダイエット効果もあまり期待できません。
効率的に脂肪を燃やしたいなら、少なくとも20分は休まずに運動を続けることが求められます。
運動不足な生活が続き体を動かしなれていないという方は、15分くらいからの運動をしてみてもいいでしよう。
有酸素運動を30分以上連続しても体が保つようになった方は、スピードを上げるなどして運動の強度を増やしてみてください。
いずれにせよ、無理のない範囲で長く続けられることが重要ですから、やや汗ばむ程度の運動を継続することに重点を置きましょう。
posted by dietbaribari at 22:00 | ダイエット エクササイズ・運動

ラジオ体操ダイエット

子どもの頃、夏休みになるとラジオ体操に通っていた人は少なくないでしょうが、ラジオ体操からもダイエット効果が期待できます。
成人してからもラジオ体操をしているという人はあまりいないようですが、ラジオ体操はダイエットに役立つとても優れた健康体操なのです。
ラジオ体操がダイエットに効果的な理由ははっきりしています。
ラジオ体操が全身の筋肉をまんべんなく活性化させる運動だからです。
ラジオ体操がダイエットにいいのは、深く呼吸をしながらの運動で筋肉のエネルギー代謝を助け、ストレッチやヨガをする時のような効果がもたらされるためです。
血の巡りを良くし、細胞の再生に一役買うことも、ダイエットにいいといわれるゆえんです。
朝早く行う体操であるということも、ダイエットにプラスになります。
早朝にダイエット体操を実践すると、新陳代謝が活発になり、脂肪が燃焼されやすくなります。
淡々と体を動かすだけの運動ではモチベーション維持が難しいですが、ラジオ体操は専用の音楽に合わせて体を動かすという体操という特色があります。
ラジオ体操への気力を保つ上で、ラジオ体操の音楽は目立たないかもしれませんが一役買っています。
ラジオ体操を利用してダイエットをしようという人は増えてきており、ラジオ体操DVDの販売も順調のようです。
ラジオ体操ダイエットが成功して3キロも痩せたという方もいます。
その方は、子どものラジオ体操を一緒にしたことが始まりだったそうです。
朝に自由な時間がないという方や早起きが得意でない方は、寝る前に軽くラジオ体操をしてぐっすり眠る習慣をつけてもいいでしょう。
ダイエット効果だけでなく、最近なかなか眠れないという方にもラジオ体操はおすすめの運動です。
posted by dietbaribari at 14:00 | ダイエット エクササイズ・運動

ダンベル体操によるダイエット

脂肪が貼り付いている腕や股をダイエットさせたいという人には、ダンベル体操を中心にしたダイエットはどうでしょう。
ダイエットにいい運動は体脂肪燃焼に効果的な有酸素運動であり、ダンベル体操なら手軽に有酸素運動ができます。
天候や環境にとらわれず、自分の部屋の中でできることもダンベル体操のメリットです。
ダンベル体操ダイエットを行うときのコツは、正しいダンベルの使い方を覚えることです。
漫然と上下させているだけでは運動になりません。
手首に負荷がかかるような持ち方でのダンベル体操は厳禁です。
心もち手首を内側に曲げるようにしながら、しっかりとダンベルを持ちましょう。
ダンベル体操では、適切な筋肉の動かし方を覚えて目的としている筋肉の運動をします。
例えば太ももをホッソリさせたい場合、ダンベルを両手にぶら下げた状態でゆっくりを腰を下ろしたり上げたりして、ほどよく太ももの筋肉を刺激しましょう。
腕や腰に余計な負荷をかけないように、体操中の焦りは禁物ですよ。
二の腕が気になる場合には、ダンベルをしっかり握り、腕をゆっくりと真っ直ぐ上に伸ばしてください。
5秒ほどその体勢をキープした後、ゆっくりと腕を曲げます。
ダイエット効果を得るためには、毎日20回ずつのダンベル体操をする習慣をつけてください。
一朝一夕で変化はないかもしれませんが、3ヶ月程度は毎日続けてみるとダイエットに効果的です。
ダイエットを成功させるには、腰を据えて毎日続けることです。
ダンベル体操が辛いといううちは回数を減らし、無理のない範囲で続けましょう。
posted by dietbaribari at 13:00 | ダイエット エクササイズ・運動

骨盤体操によるダイエット

骨盤体操によって歪みが生じている骨盤を正しい状態に戻すことで、下半身太りの解消効果があります。
ダイエットをスムーズに進めるには、体の中央ににある骨盤のズレをなおし、新陳代謝のしやすい体にすることです。
骨盤体操ダイエットのコツは、腰だけを集中的に動かすことです。
足を肩はばくらいにひらいて立ち、腰に手のひらをあてて運動をします。
下半身を安定させたまま、腰を軸に体を左右に10回ずつひねりましょう。
この時、深めの呼吸を意識しながら行うと一層効果的です。
3回の動作で1セットと数え、1日3回それぞれ3セットずつ続けることだけで、骨盤ダイエット体操をすることができます。
最初は面倒くさいと思うかもしれませんが、1ヶ月ほど続けるときっと効き目を実感できるはずです。
深呼吸をしながら体を動かすこと、下半身は安定させ腰だけで体をひねるように心がけることで、血流が向上し脂肪燃焼を促進することができます。
ダイエットを成功させやすい体質に改善できるというわけです。
日頃から猫背気味だという人や、ハイヒールを強引に履くことで体の中心がズレ気味だという人は骨盤の歪みやズレが生じている恐れがあるため、自覚に乏しくても骨盤の歪みを疑うべきかもしれません。
毎日コツコツと骨盤体操ダイエットを実行し、スリムで健康的な身体を目指してください。
posted by dietbaribari at 21:00 | ダイエット エクササイズ・運動

下半身ダイエットと有酸素運動

下半身太りの解消には、いつの間にか下半身にくっついている体脂肪をどうやって燃やすかが鍵となります。ダイエットに効果的な運動には、脂肪燃焼効果のある有酸素運動がいいでしょう。縄跳びやランニングが有酸素運動で、溜め込まれている脂肪を効果的に燃焼させる効果が期待されています。急激な運動が要求されるボクシングやダッシュ運動より、体脂肪を代謝するには適した運動だと言われています。代謝の高い体質になることが下半身ダイエットの目指すところであり、筋肉を鍛えようと過度な運動をする必要はありません。多少物足りないくらいの運動で最初のうちはセーブをし、体が運動に馴染んできた頃を見計らって運動メニューを増加させていきます。30分くらいは継続して有酸素運動ができる程度のメニューを組みます。ウォーキングやランニングは20分くらいから有酸素運動になるので、脂肪を燃やすには30分くらい続ける必要があります。慣れてくるに従って運動量を増やしていけば、ダイエット効果は尚更アップします。それから下半身ダイエットの効果を上げるために、有酸素運動の後に、脂肪を燃焼させるグルタミンや、筋肉を増加させるアミノ酸などのダイエットサプリメントを服用しても良いでしょう。ダイエットサプリメントを上手に組み合わせることで、下半身ダイエットがますますやりやすくなります。自分に合った有酸素運動を見つけて、楽しみながら下半身ダイエットに励めると良いですね。
posted by dietbaribari at 19:00 | ダイエット エクササイズ・運動

上腹部とわき腹のおなかダイエット

上腹部のおなかをダイエットする方法をご紹介します。
イスに浅く座り、あごを引いてから足を閉じます。
そして、背を少々屈めます。
椅子の背もたれから5cmほど手前まで上体を倒し、そのまま4秒間我慢しましょう。
大事なことは上腹部の運動をすることですから、4秒数えている間は筋肉が固くなっているかどうか、触って確認してみましょう。
おなかのダイエットには、体を傾けて元に戻すまでを1セットとし、1回の運動で5セット〜10セットとして、これを繰り返し続けましょう。
これは座って行うおなかダイエットですが、寝て行うおなかダイエットもいいでしょう。
天井に顔を向ける姿勢で横になり、手を腹の上にあてます。
背を少し屈めながら、顎を引いて腹筋だけで上体を静かに起こします。
おなかの筋肉に力が込められていることを手のひらでチェックしながら、4秒キープします。
おなかの筋肉にちょうどいい負荷をかけるには、背中が床から少し離れているくらいの姿勢になります。
上半身を起こしすぎると運動効果が半減します。
ゆっくりと元に戻して1セットです。
5〜10セットを目標に頑張りましょう。
おなかダイエットには、わき腹の運動もあります。
手を肩と同じ高さにまっすぐあげた上体で、肩幅程度に足を開き、浅く椅子に座って行います。
腕の高さを維持したまま、体を静かに片側にひねって背もたれを持ちます。
4秒数えたら体を元の状態ににまで戻し、そして反対側に体をひねって同様に4秒数えます。
右と左に上半身を1回ずつ回して、1セットとします。
これを5〜10セット行います。
こういった運動なら、長続きするのではないでしょうか。
posted by dietbaribari at 11:00 | ダイエット エクササイズ・運動

おなかダイエット

おなかダイエットとは何でしょうか? 部分的なダイエットは本当に無理なのでしょうか?おなかの周りについた肉を効率よく落とすという部分的な引き締めはできなくはありません。
おなかに貼り付いているぜい肉をシェイプアップさせ、運動によって脂肪燃焼を促進することで、目に見える変化が期待できます。
おなかの脂肪が燃えやすく、蓄積されにくい体を作るというわけです。
おなかまわりの筋肉を動かす運動をすることでおなかダイエットができるのですが、腹筋運動はきいつから避けたいという人は大勢いるようです。
苦しいばかりで脂肪代謝効果の薄かった小学生の頃の腹筋では、おなかダイエットにはなりません。
腹筋だけを鍛えるなら、もっと楽な運動で十分です。
腹筋力をアップさせるためには、日常生活での意識が不可欠です。
移動中や台所仕事中におなかに力を入れ、筋肉を固くすることによって、運動効果を得ます。
まずは7日間ほど、おなかの筋肉に意識して負荷をかけてみてください。
コツコツと続けることが、後の効果を表します。
意識して使わない限りおなかの筋肉を使う機会は少ないので、ちょっとした心がけを続けることは大きな効果をもたらし、引き締めが実感できます。
腹筋は体を折り曲げる時に使われます。
このことを覚えておけば、あらゆる動作に応用できるのです。
今この瞬間からでも、おなかダイエットを開始してはどうでしょう。
posted by dietbaribari at 16:00 | ダイエット エクササイズ・運動

男性のダイエット運動

筋肉の運動によって脂肪を燃焼させるダイエットを、男性は女性より好むようです。
そもそもダイエットというのは、規則正しい食生活と適度な運動から始まります。
食べ過ぎを防ぎ、運動不足を解消することによって、体重は自ずと適正値になります。
男性が行うダイエットは、食事のコントロールよりは運動量の増加によってシェイプアップを目指すことが多数派のようです。
これは理にかなっています。
ダイエットを男性が行う場合、女性より筋肉の量か多いという特質を利用して、運動によって筋肉の代謝量をアップさせる方が効果的であろうからです。
健康を第一に考えて、過度な運動で健康を損なうことがないよう、ダイエットに効果的な運動を目指すならほどほどを心がけてください。
日頃から運動の習慣がないという方は、いきなり激しい運動をするのではなく、エスカレーターを使わず階段にしてみたり、歩く機会を増やすところからはじめてみてもいいでしょう。
ダイエットのために運動サークルなどに加入すれば、人と会う楽しみを味わいながらダイエットをすることもできます。
ダイエットのためだけではなく、適度な運動はストレス解消にもつながります。
サークルでの活動を通しての交流を満喫できるという余録もあります。
ダイエットだけの運動に留まらず、運動による様々なメリットを有効に活用しましょう。
posted by dietbaribari at 10:00 | ダイエット エクササイズ・運動

ウォーキングダイエットのメリット

ダイエットを成功させるために、ウォーキングはいい方法です。
ウォーキングによってダイエットをするという方法は、1人1人の生活環境に合わせてでき、あまり投資を必要とせずできるので、ダイエット向きといえます。
生活や精神を圧迫するダイエットは決して長続きしません。
あまり運動をしていないという方や、運動に苦手意識があるという方でも、体に負荷が少ないウォーキングはジョギングと違ってやりやすい運動でしょう。
ウォーキングは、ただ歩くだけの運動ではなく、ダイエットに効果的な有酸素運動をすることができるという利点があります。
少なくとも20分は有酸素運動を続けない限りは、蓄積された脂肪を代謝できません。
つまり20分未満で終わってしまうハードなスポーツはダイエットには不向きなのです。
元々、30分は歩き続けることが前提となっているウォーキングなので、ダイエットのためにウォーキングを続ければ余分な脂肪分も燃やすことができます。
ダイエットで脂肪を減らせる範囲は限られており、ウォーキングは全身の運動にはならないと考える方もいます。
体の色々な部分の筋肉を動かさなければウォーキングはできないので、足だけの運動という印象があるかもしれませんが、ダイエット効果は足や腕に留まらず、全身に影響します。
ウォーキングダイエットは、ダイエット効果が高いとても嬉しい運動方法といえます。
ダイエットにウォーキングをするという方法は、運動が上手でない人でも問題なくできる方法といえます。
posted by dietbaribari at 17:00 | ダイエット エクササイズ・運動