青りんごによるダイエットについて

毎日の食事の前に青りんごを食べるという青りんごダイエットが存在していますが、どのような手順で行うと効果があるでしょう。
青りんごがダイエットに使われるのは、青りんごにはポリフェノールが多く入っているためです。
りんごに含まれているポリフェノールの一種に、プロシアニジンという成分があります。
この成分が、脂肪の分解を促進する効果があるとされています。
プロシアニジンは赤いりんごより青いりんごに4倍も多く存在するので、りんごダイエットには青りんごが向いているのです。
1日3度の食事時に、毎回半分ずつの青りんごを食べるという方法を2週間続けます。
青りんごは皮付きで、毎日1個半食べる計算になります。
青りんごダイエット中は、食べるものの量は30%ほど減らし、青りんごに置き換えるというスタイルを取ります。
青りんごダイエットは、内臓脂肪が多い方や肉をよく食べる方や便秘が気になる方にいいようです。
何日が継続しても全く結果が出ないという場合は、体質的に合わないのかもしれません。
日々の食事の一部を低カロリー食材に置き換えるような置き換え型のダイエットは、取り組みやすいですが、中断しやすい方法のようです。
2週間のダイエット期間を終えて、いつも食事メニューに戻したところ、リバウンドで体重が前以上になるということもあるようです。
りんごダイエットは腸のリセット期間と考えましょう。
規則正しい生活と適度な運動を心がけるようにし、時折、りんごダイエットの2週間を取り入れてあげるのが健康的なダイエット方法かも知れません。
決してりんごダイエットのみで痩せようとは思わないでくださいね。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 14:00 | ダイエット 食事
当ブログ最近のダイエット記事