やせる運動の種類

運動はダイエットには欠かせませんが、体を動かせば何でもいいということではありません。
やせる運動のやり方を覚えましょう。
やせるための運動のうち、有酸素運動は体脂肪や糖質を酸素と結びつけて代謝し、無酸素運動は糖質を代謝してエネルギーにします。
効率的にやせるには、この2種類の運動に加えて筋肉を温めスムーズに運動ができるようにするストレッチを使います。
有酸素運動とは、呼吸をして体内に酸素を取り込みながら行う運動のことです。
やせる有酸素運動として代表的なものは、自転車こぎやウォーキング、ジョギング、水泳などとなります。
有酸素運動でやせるのは、運動に必要なエネルギーを酸素と体内の脂肪分とを結びつけて作るため、脂肪が消費されるからです。
これに対して、重量あげや短距離ダッシュなどの、短時間で瞬発的な力を筋肉にこめるようなものが無酸素運動であり、有酸素運動と区別されます。
有酸素運動とは異なり、酸素を必要とせず元々の存在する糖質を筋肉の活動源として使います。
無酸素運動は筋肉を鍛える運動効果があり、筋力を増し筋肉量を増やすために行います。
脂肪が燃えやすくやせる体になるには、筋肉を増強して、安静にしていても脂肪が燃える基礎代謝の高い体になるといいでしょう。
有酸素運動も無酸素運動も、事前にストレッチをすることによって筋肉をほどよく温め、運動に取り組みやすい体にと整える効果があります。
運動はやせるだけでなく、蓄積されたストレスが解消され、健康づくりを促進し日常の充足感も増すようです。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 15:00 | ダイエット エクササイズ・運動
当ブログ最近のダイエット記事