内臓脂肪の危険性

内臓脂肪による肥満体型が健康に良くないとされ、ダイエットが推奨されるのは、内臓脂肪型肥満は生活習慣病の要因を作ると言われているためです。
体内で内臓脂肪が蓄積されると、糖尿病の原因となる原因物質や、血栓を作り脳梗塞や脳血管疾患を引き起こす物質、動脈硬化の原因となる物質などを分泌します。
それだけ、生活習慣病リスクがアップするわけです。
男性は女性より生活習慣病にかかりやすいようですが、理由として内臓脂肪がつきやすいことがあげられます。
こういった事情から、ダイエットで内臓脂肪を代謝する必要性が出てくるのです。
内臓肥満型脂肪が多く体内にあり、生活習慣病の可能性が高まっている方を、メタボリック症候群といい危険視することがあります。
内臓脂肪が増加したために下腹が出っ張って見えてきたという症状は、中年男性によく見られる状況でしょう。
外からは分かりづらい内臓脂肪は、ウエストのサイズを目安にするとよいでしょう。
ウエストサイズが男性で85cm、女性では90cm以上だとダイエットを必要とする内臓脂肪型肥満の危険ラインだと言われています。
外から指でつまめるような皮下脂肪は少ないのに、腹まわりはかなりあるという方は黄信号です。
内臓脂肪を減らすためにダイエットをするという方は珍しくなくなり、男性でもメタボリック症候群予備軍と診断されたことを契機にダイエットをしているという方もいるようです。
これまで、ダイエットの目的はスリム&ビューティが主でしたが、内臓脂肪をダイエットで減らし健康な体を作ることも目的となりつつあります。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 09:00 | ダイエット 方法・その他の情報
当ブログ最近のダイエット記事