皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満

人体には皮下脂肪と内臓脂肪という2種の体脂肪があります。
この体脂肪を減らしてダイエットを行います。
内臓脂肪と皮下脂肪はどちらも体脂肪ではありますがそれぞれ違う物質で、皮膚の下に存在する脂肪が皮下脂肪です。
皮膚を指でつまんだ時にわかる厚みが肥満度の指針となりますが、これが皮下組織で、体表に近く外部からの緩衝役にもなっています。
皮下脂肪型肥満体型は、見た目からして皮膚がたるんで見えます。
セルライトは、皮下脂肪が燃焼されないまま停滞状態にあるとできやすいものなので、それがダイエットの契機になったという方もいます。
ダイエットのきっかけに、皮下脂肪が体重増加の一因となり関節部にウエイトがかかりすぎているためというものもあるようです。
ですが、生活習慣病などの疾病は皮下脂肪型肥満では起こりにくく、内蔵脂肪方肥満の方に起こりやすい症状だということを覚えておきましょう。
ぱっと眺めた限りでは内臓脂肪の量はわかりません。
筋肉と内臓の間に存在する脂肪であり、お腹周りを測って推測するなどの必要があります。
体内でも血がよく流れている部分にある脂肪なので活動も活発なので、内臓脂肪は皮下脂肪に比べて増加も減少も盛んに行われているという特質があります。
性別によって体脂肪の増え方は変わります。
男性の場合は、脂肪を即効性のエネルギーとして使いやすいよう、内臓脂肪として蓄積されやすいようです。
そのため、体脂肪率の近い男性と女性を比較すると、内臓脂肪がより多い方は男性ということが多いようです。
ダイエットで体内の内臓脂肪の量を減らすことは、生活習慣病の予防効果が大きく、将来的な病気リスクを軽減できます。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 22:05 | ダイエット 方法・その他の情報
当ブログ最近のダイエット記事