有酸素運動によるダイエットの注意点

有酸素運動によるダイエットの効果と注意点についてご紹介します。
お年寄りの場合、無理に有酸素運動をしなくても、ダイエットが目的でないならば週に1回、1時間以上の軽い運動や散歩、家の作業をするだけで心肺機能をある程度は維持することができるといいます。
また、お年寄りは毎日定期的に散歩することで心筋梗塞の発生を減らすこともできるそうです。
冠動脈に発生しがちな動脈疾患を軽減するなら、有酸素運動ダイエットに取り組むことは有効でしょう。
運動が週1回以下の人では、週5回以上の人と比較して、突然死の確率が7倍にもなるそうです。
ダイエットのためにも健康維持のためにも、有酸素運動の習慣は何とかして組み込みたいものです。
ただし、有酸素運動が体にいいとはいえ、無茶な運動をすると運動の最中や直後に心肺停止のリスクが跳ね上がるようです。
循環器にトラブルを抱えているという方は、主治医の許可を得て有酸素運動ダイエットをする必要があります。
この他、有酸素運動ダイエットは、食べてすぐには行わず、1時間以上は時間をみてください。
また、起床直後は高血圧気味だったり狭心症になりやすいという場合は、その時間帯の運動はやめましょう。
目が覚めてから1時間以上の後、ウォーミングアップをしてから有酸素運動をします。
毎日継続することが大切な有酸素運動によるダイエットですが、天候や体調が悪い時には無理せず休養することも必要です。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 15:00 | ダイエット 食事
当ブログ最近のダイエット記事