有酸素運動ダイエットとは

有酸素運動は、健康作りにもダイエットにもいい方法として推奨されていますが、何をすると有酸素運動になるでしょうか。
スイミング、ウォーキング、ランニングなど長めの時間行える運動が有酸素運動です。
呼吸によって酸素を体内に取り入れ、脂肪を代謝してエネルギーにしています。
血液中には脂肪が流れています。
その脂肪が体脂肪となる前に、酸素と結合して燃焼させることによって肥満を回避することができるのです。
ダイエットには、体内の脂肪の消費を促進しやすい有酸素運動が効果的とされています。
体内に蓄積された体脂肪分は、血液中の脂質だけでは足りない時に使われています。
血中を流れる脂肪や付いてしまった体脂肪を減らすには、ゆっくりと深く多くの酸素を取り込むことで、より多くの脂肪を燃やすことができる有酸素運動が効果的なのです。
脂肪を分解して燃焼するためには、十分な量の酸素を必要とします。
しかし息が切れてしまうほどのきつい運動ではバテてしまうだけで、脂肪は燃焼してくれず、ダイエット効果もあまり期待できません。
効率的に脂肪を燃やしたいなら、少なくとも20分は休まずに運動を続けることが求められます。
運動不足な生活が続き体を動かしなれていないという方は、15分くらいからの運動をしてみてもいいでしよう。
有酸素運動を30分以上連続しても体が保つようになった方は、スピードを上げるなどして運動の強度を増やしてみてください。
いずれにせよ、無理のない範囲で長く続けられることが重要ですから、やや汗ばむ程度の運動を継続することに重点を置きましょう。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 22:00 | ダイエット エクササイズ・運動
当ブログ最近のダイエット記事