低炭水化物ダイエットの注意点

どのような点に留意しながら、低炭水化物ダイエットを行うべきでしょうか。
炭水化物を過剰摂取すると、余ったエネルギーは体脂肪として体重増加の原因となります。
脂肪を効率よく消費するためにするものがダイエットです。
糖質といっても同一視できるものではなく、砂糖に含まれる糖質と異なり、米やパンに存在する糖質は血糖値を急上昇させる類のものではありません。
そのため、別な食材から他の栄養素を取り入れながら、きちんと噛んで唾液と混ぜ合わせることで、脂肪になりにくくすることができるといいます。
アミラーゼはだ液や膵臓から分泌される酵素で、デンプンを分解する機能があります。
アミラーゼがたくさん分泌される人の体は、その分デンプンを含む食品を必要としているということになります。
その証拠にアメリカにおける生活習慣病予防研究でも、日本などアジアの穀類や野菜を中心とした食事をお手本にしようという指針が出ています。
低炭水化物ダイエットはアメリカで提唱されたものであり、血糖値のコントロールが元々の目的でした。
元々、アメリカは肉を中心とした食生活を送っており、炭水化物への依存度はそう高くありませんでした。
低炭水化物ダイエットは、何となくでご飯の量を減らしてみてもダイエットにはなりませんし、一歩間違えると健康を阻害する恐れもあります。
ダイエットを目指す場合、まずは食事のバランスを見直したり規則正しい生活習慣を維持することが、低炭水化物ダイエットより早道ということもあります。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 12:00 | ダイエット 食事
当ブログ最近のダイエット記事