低炭水化物ダイエットのデメリット

低炭水化物ダイエットは、糖質をカットして脂質や高たんぱく質中心の食生活にし、脂質分解に必要な栄養を多く摂取するダイエット法です。
低炭水化物ダイエットは炭水化物を減らせば実行可能という単純なものでなく、おかずに工夫をするなど減らした炭水化物のフォローが必要です。
低炭水化物ダイエットでは短所もありますので、特色を理解した上で、サプリメントで必要な成分を摂取しながら低炭水化物ダイエットを続けましょう。
人間の体は、炭水化物からブドウ糖を作り出し、血球や脳、中枢神経系など生命活動に欠かせない部分にエネルギーとして送り込んでいます。
脳はブドウ糖を絶え間なく消費していますから、ブドウ糖が不足すると脳の働きがにぶくなってしまうのです。
ブドウ糖の摂取がストップした場合、脳にブドウ糖を送り込むために10時間ほどは肝臓のグリコーゲンがブドウ糖として送られます。
肝臓のグリコーゲンが底をつくと、筋肉に存在するたんぱく質をブドウ糖に変えるしかありません。
グリコーゲンを糖にする作用を何度も繰り返していると、肝臓が弱ってしまいかねません。
炭水化物の摂取を減らすと体は糖質不足になり、補充をするために蓄積された脂質を使うようになります。
その結果、肝臓が脂肪酸を分解しなければならなくなりますが、その時に脂肪酸からはケトン体が盛んに合成されるようになり、体が酸性に近づきます。
症状が酷い時には呼吸が安定しなくなったり、昏睡状態に陥る場合もあるようです。
炭水化物ダイエットもいき過ぎると健康を損ねてしまい、ダイエットどころではなくなってしまいますよね。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 19:00 | ダイエット 成分
当ブログ最近のダイエット記事