低炭水化物ダイエットとは

低炭水化物ダイエットとは、どのようなダイエット法なのでしょうか。
たんぱく質や脂肪中心の食生活にし、炭水化物の摂取量を減らすダイエットが低炭水化物ダイエットです。
低炭水化物ダイエットによる食事は、お肉好きな人には嬉しいダイエット法でもあります。
ロバート博士というアメリカの循環器系開業医によって作られた食事制限が低炭水化物ダイエットのベースになっており、現在では色々なダイエットに応用されているようです。
"アメリカでは多くの人が低炭水化物ダイエットを実践しているようです。
2,000万人を超える低炭水化物ダイエット実践者がいるため、サンドイッチやアイスクリームの売り上げに影響が出たともいわれるほどです。
"低炭水化物ダイエットをしている人でも食事ができる、という点を重視してメニュー開発をするレストランやファーストフード店も出てきました。
体に必要なブドウ糖を作るために、食べ物に含まれていた炭水化物はアミラーゼという消化酵素で分解されます。
この糖質が脂肪として蓄積されやすいので、低炭水化物ダイエットは炭水化物を主体とするご飯や精製された小麦粉、砂糖を控えるというダイエット方法になるのです。
スナックやアイスクリームなどの間食を抑えてダイエットをすることは悪いことではありません。
けれど、欧米食と異なり、日本食は炭水化物である米を中心に据えた食事です。
ご飯さえ抜けばダイエットに成功すると安易に考えている人が多いのも事実です。
普段の食事から炭水化物を抜きさえすればいいというものではないので注意しましょう。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 16:00 | ダイエット 成分
当ブログ最近のダイエット記事