コレステロールと食事

一体どの様な食生活にすれば、高コレステロールの体質を改善する事ができるのでしょうか。
あらゆる食事の中で高コレステロールの体質を改善する食事は、肉類、油脂類、糖類の摂取量を減らす為に食事内容を見直す必要があります。
普段の食事から、肉類、油脂類、糖類の量を減らすと同時に、赤身の肉にするなどの食材の質の改善も必要です。
油脂類について重要なことは、バター、マーガリン、マヨネーズなどの調味料を極力控えた食事にすることです。
野菜、特に食物繊維の多い食事を心がけましょう。
ビタミンやミネラルは野菜に多く含まれる為、体の代謝を活発にする為にとても重要な働きをするのです。
動脈硬化の予防や血管の老化を防せいでくれるとても有難い栄養素です。
食物繊維は、海藻類やきのこ等に多く含まれ、生活習慣病予防の為にとても注目されている栄養素なのです。
そのうえ、腸内でコレステロールや中性脂肪、糖質を吸着して排泄する働きもあるのです。
魚類に含まれる脂肪は、善玉コレステロールを増やす働きがあり、同じ脂肪でも体にプラスの効果があるのです。
オレイン酸はオリーブオイル等に多く含まれていて、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やすという働きがある為にとても注目されています。
普段の食事を見直す事で驚くほど、高コレステロールの体質を改善することができるので、コレステロールが気になる方は是非取り組んでみてください。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 19:22 | ダイエット 成分
当ブログ最近のダイエット記事