コレステロールの知識

必要以上に肝臓からコレステロールを作り出してしまう原因は、脂肪の多い食事によって、カロリーを摂りすぎることによります。
このようにコレステロールを摂り過ぎて、血中コレステロールの値が高くなると病気の原因になることがあります。
コレステロールの摂取は食事からしか出来ないと一般的に思われがちですが、肝臓で作られるコレステロールの方が多いのが事実です。
毎日の食事から摂取するコレステロールが原因で病気になる人はあまりいません。
体内で血中コレステロール値を調節することは、高脂血症等の方を除く健康な人であれば可能なことなのです。
食事から摂取するコレステロール量を過度に気にする必要は無いようです。
悪玉コレステロールは、肝臓機能が低下すると自分で処理することができず、血液中に溜まっていってしまいます。
このことが原因で、高コレステロール血症や、動脈硬化等が起こる場合があるのです。
そして動脈硬化を進行させてしまう原因としては、悪玉コレステロールが増加し過ぎて血管に溜まってしまうことがあげられます。
そのうえ中性脂肪が増加してしまうと、悪玉コレステロールが増えることになってしまいます。
体内に蓄積されたコレステロールを、善玉コレステロールは排出してくれますので、動脈硬化の予防になります。
毎日の体調によってコレステロール値は増えたり減ったりするものです。
ですから栄養バランスの良い食事を心がけるようにし、過度に意識する必要は無いでしょう。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 20:54 | ダイエット 成分
当ブログ最近のダイエット記事