ダイエットモニターの注意点

ダイエットモニターという方法で商品を売りつけようとする場合にある手口として、契約書より商品がまず真っ先に送られてくることがあります。
その商品の中には書類がついており、担当者からカウンセリングを受けるために電話連絡をと書かれています。
しかし電話をすると、届いた商品の確認の為に使用する順番を説明するからと称して商品開封を促す悪質なケースもあるようです。
サプリメントなどの場合は指定消耗品とされていることがあり、これはその特徴を利用しています。
指定消耗品であるサプリメントの場合、使ったり封を開けてしまった時は、クーリングオフがきかなくなるというシステムなのです。
指定消耗品かどうかに関係なく、ダイエットモニターとして商品を受け取った時のクーリングオフ期間は8日です。
この場合、支払いが済んでいるかどうかは無関係です。
押印やサインによる契約でなくてもクーリングオフは使えます。基本的に、口約束でも契約と見なすことができます。
もっとも、クーリングオフの手続きを取るという場合には書類を介します。
ダイエットモニターになるというのはどういうことなのか、気をつけるべきポイントをまとめておきましょう。
ほとんどが無料でできるダイエットモニターはとてもリーズナブルな方法ですが、それなりに危険性も孕んでいます。
できれば、本気で買いたいと思えるようなダイエット商品に巡り会った時にダイエットモニターとなり、体に合うダイエットをしたいものです。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 00:00 | ダイエット 方法・その他の情報
当ブログ最近のダイエット記事