ダイエットコーヒーの成分

ダイエットコーヒーの含有成分は、他のコーヒーとは少々違います。
普通のコーヒーは豆の焙煎が様々です。
焙煎とはコーヒー豆を火力で煎ることを言います。
コーヒーを飲むためには、コーヒー豆は焙煎する必要があります。
焙煎していないコーヒー豆ではコーヒーを出すことができません。
焙煎の方法も様々で、どういった焙煎をするかによってコーヒーの含有成分、味わいにも差がでます。

ダイエットのためのコーヒーに仕上げるには、焙煎は浅焙煎で行われるようです。
コーヒー豆に含まれるカフェインは、焙煎で一部が飛ばされます。
よりカフェイン成分を多く残すため、ダイエットコーヒーは浅焙煎です。
カフェインの量にこだわる理由は、カフェインには脂肪の燃焼を助ける作用があると考えられているからです。

浅煎りの焙煎と深入りの焙煎のコーヒー豆を細かく分析した時、それぞれが含むカフェインの量の差はあまり大きくないという研究もされていますが、ダイエットのためには、できる限りカフェイン量の多いコーヒーを飲んでダイエットコーヒーの効果を得たいものです。
そのため、ダイエットのためにダイエットコーヒーを選択する場合、よりカフェイン量の多い浅焙煎にしたいと考える人は多いのではないでしょうか。

この他にも、ダイエットに役立つクロロゲン酸は焙煎前のコーヒーに多く含有されていることからも、ダイエットコーヒーに浅煎りが使われます。
脂肪の代謝に役立つクロロゲン酸とカフェインが豊富に含まれるコーヒーでダイエットをするため、コーヒーダイエットではコーヒーの選択に気をつけましょう。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 11:00 | ダイエット 食事
当ブログ最近のダイエット記事