スープダイエットのメリットとデメリット

スープダイエットのメリットのひとつとして、まずしなければならないことが簡単で、ストレスがたまりにくいということがあります。
メリットの2つ目は、実際に痩せるという事です。
ダイエットスープは、カロリーにして600?700キロカロリーほどです。
スープダイエットでは、時折食べるフルーツは500キロカロリー程度で、野菜類は300キロカロリー程度です。
スープダイエット中の7日間のうち、肉が食べられない5日間に、たっぷりの野菜スープや果物、野菜を食べたとしても、1日の摂取カロリーは1500キロカロリーくらいなので、まずほとんどの人がやせるはずなのです。
ダイエットについてある程度知識を持っていないとしても、問題なくだれでも取り組むことができるのがスープダイエットのメリットのひとつといえます。

スープダイエットのデメリットとしてあげられるのが、たんぱく質の絶対量が不足することです。
体を壊してしまうというわけではありませんが、肉を食べる日のみで、不足しているたんぱく質の量を補修するという、いびつな形の栄養摂取方法になっているといえます。同様に炭水化物の量も足りないという点がデメリットとしてあり、スープダイエットを行っている間に摂取できる炭水化物の量は、果物からのみの少量になっている点があります。
糖分の摂取量が足りないと、血液中の血糖値や中性脂肪量の調整が難しくなるため、そんな栄養面の問題から言うと、スープダイエットのスケジュールは少し無理があるといえるかもしれません。
デメリットを無視してスープダイエットでしっかりやせることができたとしても、終了後にリバウンドを起こす可能性がないわけではありません。

このように、スープダイエットは短期の間にダイエットしたい場合に利用するダイエット法といえます。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 23:15 | ダイエット 食事
当ブログ最近のダイエット記事