豆乳の栄養素がダイエット効果を促進する

ダイエット豆乳の栄養素はどうなるでしょうか。豆乳は、自然界のバランス栄養食品とも呼ばれる大豆が原料です。
大豆にはたんぱく質だけでなく体にいい成分がたくさん含まれています。
大豆の成分の大部分が豆乳に含まれており、豆乳は栄養豊富でカロリーが低く、ダイエットには心強い存在です。
大豆タンパクと大豆イソフラボンという成分が豆乳の主要な栄養素です。

大豆タンパクは代謝促進効果があり、その効果を大豆イソフラボンが補強してくれています。
大豆サポニンは、脂肪や糖質の吸収を遅らせてくれる成分です。
大豆ペプチドは食事後のカロリー消費を促進させ、体脂肪を燃焼させてコレステロール低下に作用します。
善玉コレステロールを増やす作用を持つ成分がレシチンで、レシチンは大豆の脂質に含まれます。
大豆イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンと非常に似通った性質と作用を持ち合わせています。
また、大豆イソフラボンはコレステロール値を下げてくれ、ダイエットの手助けをしてくれます。
イソフラボンは広く植物に含まれる成分ですが、大豆にも豊富に含まれています。

丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。


posted by dietbaribari at 05:56 | ダイエット 食事
当ブログ最近のダイエット記事