最近のダイエット記事
ダイエットと足痩せ方法の違い(10/28)
足痩せに必要なことや方法(10/27)
発芽玄米ダイエットの効果とは(10/26)
発芽玄米でダイエット(10/25)
体質改善ダイエットと基礎代謝(10/24)
体質改善とダイエット(10/24)
ふくらはぎが太くなるのはなぜ?(10/23)
ふくらはぎの効果的な痩せ方(10/23)
カロリーダイエットのメニュー(10/22)
カロリーダイエットとは(10/19)

<PR>
丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。

りんごダイエットとは

りんごダイエットというダイエットの正しい手順を知っているでしょうか。
語感から何となく、体重を減らすことを目的として行うダイエットと考えられがちですが、最初は体内浄化をするために行われていました。
体調を良くするためにりんごが役に立つと思っている人か少なくありません。
けれども、りんごは体内の栄養素にいいものではないということが、りんごダイエット提唱者の論だったようです。
そのような理由から、りんごは口にしないようにと勧めていたといいます。
りんごを控えるだけでなく、皮膚にヘルペスがある人はりんごから作られた加工品やりんご由来の商品を禁じていたといいます。
にもかかわらず、りんごのみ3日にわたって食べるというやり方なら、体内浄化にいいとしているわけです。
りんごが体の浄化に役立つ理由は、りんごの繊維が腸内に溜まったカスをはき出して、きれいに掃除してくれるからです。
りんごダイエットでは、3日間生のりんごを食べ続けます。
水をたくさん飲み、毎日一定量のオリーブオイルを摂取することで、体内の有毒物質を取り除けるのです。
りんごダイエット中は体力低下が免れませんので、まとまった時間を確保しましょう。
りんごを食べつつのんびりと時を見つめ直し、今後の新しい視点に気づくきっかけなどを得てはどうでしょう。
りんごダイエットをすることで、早い段階で結果を出すことができるようです。
楽しくりんごダイエットをして、心も体も浄化してみてはどうでしょう。
posted by dietbaribari at 23:00 | ダイエット 食事

やせるためには食事と運動が大切

食生活の改善と同様、適度な運動がやせるためには欠かせません。
そのためには、長続きが可能な運動をすることが肝心です。
息が上がるような激しい運動ではなく、運動を終えても軽く会話が交わせる程度の運動量が適しています。
適切な運動量で体を動かす習慣をつけることにより脂肪の燃焼を促進します。
同時に食生活も改善し、ダイエット効果を高めましょう。
運動によって体内の筋肉量を増加させることもやせる効果があります。
筋肉が適度に増えることで基礎代謝量が増し、じっとしていても体内のエネルギーが燃焼される体になるためです。
やせるための運動によって基礎代謝が上がると体脂肪を燃焼する力が上がるので、やせるための効果がさらにアップします。
体脂肪以外の体重を減らさず、体脂肪だけを落としてやせるのがダイエットの理想ですが、そのためには運動と食事の改善は欠かせません。
ダイエットの基本ポイントは、食事のコントロールとやせるための正しい運動の2つだということをよく覚えておきましょう。
生活環境を見直し、カロリーオーバーな食事や間食は控え、運動の習慣をつけるところから始めましょう。
毎日規則正しく決まった時間に食事をし、決まった時間に眠りましょう。
間食や夜更かしはしないなど、自分の生活を改善することが重要です。
やせるためには、取り込んだカロリー以上のカロリーを運動などで消費するようにすることです。
適度な有酸素運動を続ければ、内臓脂肪の燃焼にも役に立ち生活習慣病予防にもなります。
やせるためだけでなく、健康的な体を作るためにも、運動によって体を動かす習慣をつけていきましょう。
posted by dietbaribari at 06:00 | ダイエット 方法・その他の情報

やせるための運動方法について

運動によってやせるには、いくつかの方法があるようです。
お腹の脂肪を燃やしてやせるには、ウエストをキュッと締める運動が役に立ちます。
足を肩の幅程度に広げ、前を向いて立ちます。
背筋を伸ばし、両手を前方に伸ばして両手の指を触れさせます。
深く息を吸い、ゆっくりと吐き出しながら、姿勢はそのままで上半身をそのまま右にひねっていきましょう。
体を右にひねったら、そのままの状態で5秒保ちます。
息を止めないよう気をつけて、手は前方に伸ばしたまま、しばらくその姿勢を保つことで運動になります。
そして、息を静かに吸いながら最初の姿勢に戻り、一旦動きを止めてから左側に上半身をひねります。
これを1セットとして朝夕10セット行うことをおすすめします。
また、立たずとも座った姿勢でできる腹筋運動も、下腹部の筋肉を燃焼させ、効果的にやせるのに適した運動です。
椅子に座り、地面と平行になるよう意識しながら右の太ももをあげます。
30秒上げ続けたら左足に移行します。
足を上げ、維持する時にはできるだけ腹筋で行います。
椅子を手でつかんでも構いませんし、慣れてきたら両足いっぺんに行うのもやせるためには効果的です。
運動テストにも用いられていたことがある、台の昇り下りをするという踏み台昇降運動も、家で可能な、やせるダイエット運動です。
上がる足、下りる足を左右交互にすることがポイントです。
あなたも毎日の生活にやせるための運動を取り入れてみませんか。
posted by dietbaribari at 19:00 | ダイエット エクササイズ・運動

やせる運動の種類

運動はダイエットには欠かせませんが、体を動かせば何でもいいということではありません。
やせる運動のやり方を覚えましょう。
やせるための運動のうち、有酸素運動は体脂肪や糖質を酸素と結びつけて代謝し、無酸素運動は糖質を代謝してエネルギーにします。
効率的にやせるには、この2種類の運動に加えて筋肉を温めスムーズに運動ができるようにするストレッチを使います。
有酸素運動とは、呼吸をして体内に酸素を取り込みながら行う運動のことです。
やせる有酸素運動として代表的なものは、自転車こぎやウォーキング、ジョギング、水泳などとなります。
有酸素運動でやせるのは、運動に必要なエネルギーを酸素と体内の脂肪分とを結びつけて作るため、脂肪が消費されるからです。
これに対して、重量あげや短距離ダッシュなどの、短時間で瞬発的な力を筋肉にこめるようなものが無酸素運動であり、有酸素運動と区別されます。
有酸素運動とは異なり、酸素を必要とせず元々の存在する糖質を筋肉の活動源として使います。
無酸素運動は筋肉を鍛える運動効果があり、筋力を増し筋肉量を増やすために行います。
脂肪が燃えやすくやせる体になるには、筋肉を増強して、安静にしていても脂肪が燃える基礎代謝の高い体になるといいでしょう。
有酸素運動も無酸素運動も、事前にストレッチをすることによって筋肉をほどよく温め、運動に取り組みやすい体にと整える効果があります。
運動はやせるだけでなく、蓄積されたストレスが解消され、健康づくりを促進し日常の充足感も増すようです。
posted by dietbaribari at 15:00 | ダイエット エクササイズ・運動

自宅でできる痩せるエステ

痩せるエステは家庭でも手軽に挑戦できますので、ダイエットにおすすめです。
家にいながらエステ感覚で痩せるケアをするには、デッド・シーソルト入浴剤でミネラル分の多い風呂に入るという方法もあります。
ぬるめの湯を用意し、胸より下の下半身だけを15分〜20分程度半身浴をすることで、積極的に皮脂腺から汗をかき、痩せることが可能です。
表皮の浅い部分にある汗腺からかく汗と異なり、深い部分にある皮脂腺からの汗の分泌を促すことで、解毒効果や毒素の排出効果が期待できます。
また、自宅で可能な痩せるエステには、脂肪が蓄積されやすい部分に対するものや、蓄積されている脂肪に対して作用するものもあります。
ジェルを使用したエステです。
ケイトウやセイヨウウツボグサから抽出したエキスが配合されたジェルは、脂肪を効果的に取り去ってくれるので便利です。
脂肪が蓄積されてできやすいセルライト対策には、ダイダイ花から作られたジェルを用いた自宅エステが効果的です。
経費毒や有害ミネラルを、脂肪を分解しながら体外に出してくれます。
ジェルマッサージで肌の深い部分まで成分を浸透させ、体内に留まっている毒素の排出を促すといいでしょう。
脂肪組織と老廃物や水分が凝り固まると燃焼させることは簡単ではないので、そうなる前の対処が欠かせません。
睡眠中のHGH分泌促進に着目した、就寝前に飲むだけの痩せるための清涼飲料も人気です。
ダイエットや美肌に役立つだけでなく、疲労回復やストレス緩和などもサポートしてくれます。
エステ感覚で痩せることができるよう、寝ている間にHGHが分泌される体を作るわけです。
エステに行く代わりに、こういったアイテムで痩せるという方法もあるのです。
posted by dietbaribari at 11:00 | ダイエット 方法・その他の情報

痩せるエステマシーン

足が痩せるエステをお望みなら、サーモシェイプによる美脚エステがおすすめです。
サーモシェイプは、最先端の特許技術であるラジオ波を用いて皮膚の奥深くに作用し、脂肪の代謝を促す効果があるので、簡単に痩せることができる方法です。
さらにサーモシェイプによるエステには、コラーゲン繊維を引き締めて新たに生成させる作用があるので、肌のたるみを引き締めて美脚に導く効果もあるそうです。
サーモシェイプによるエステは顔痩せや小顔にも効果があるので、一度試してみたいエステマシーンですね。
頬やあごの脂肪、たるみや小じわ、首のしわなどが気になる方には、フェイシャルトリートメントを利用した、シェイプフェイシャルエステがおすすめです。
プラズマシャインケアをエステで加えることにより、肌の保湿力が高まり、にきびやしみの目立たないきれいな肌が期待できます。
目のクマやくすみ、色素沈着などのエイジングケアが同時に実現できるのも人気の理由となっています。
数回の施術で長期間の効果持続が期待できるので、忙しい方や早くエステ効果を出したい方にもぴったりのエステとなっています。
照射しても痛みは感じませんし、安全性や信頼性が高い方法なので、プラズマシャインは誰でも安心して使えます。
エステでのプラズマシャインは細胞活性化と鎮静効果の2つの効果を肌に及ぼすことで、様々な肌の悩みから解放し健康的な肌を取り戻させます。
どんな年齢の方でも、敏感肌やアトピーの方でも、安全に施術できるのが特徴です。
エステで痩せるコースを選択する時は、自分に合いそうなものを探してください。
posted by dietbaribari at 07:00 | ダイエット 食事

痩せるエステコース

痩せるエステにはどのようなものがあるのでしょうか。
痩せることを目的としたエステはたくさんあります。
デトックス、骨盤矯正、脂肪融解コースなどがあります。
インドマッサージやヒートマッサージで脂肪の代謝を促進したり、固くなった脂肪を揉んで柔らかくしながら代謝を促したり、骨盤のズレを正して全身の血行を良くしたりといった様々な痩せるための施術をエステでは受けることができます。
痩せることが目的ではありますが、デトックス効果やマッサージ、骨盤補正と体にいいことばかりのコースといえます。
また女性だけでなく、男性のための痩せるエステもあるんですよ。
セルライトマシーン、インドマッサージで発汗させ、ラジオ波や脂肪溶解マシーンで脂肪分解するコースです。
男性でも、痩せるだけでなくマッサージで気持ちよくなれる機会ができたわけです。
また、顔と体のたるみを一気に引き締める、フェイシャル・ボディリフティングコースも人気があります。
頭のマッサージやクレンジング、肌をキュッと引き締めてくれるリフティングマッサージ、遠赤外線のパックや、ベースメイクまで顔のコースだけでしてくれます。
憧れの小顔作りや、肩こり緩和効果も期待できます。
ボディリフティングコースは上半身のか下半身のどちらかに対して、60分で集中的に痩せるマッサージを施してもらえます。
エステの痩せるコースを活用して、スリムアップを目指してください。
posted by dietbaribari at 18:00 | ダイエット 方法・その他の情報

ダイエットシェイクとリバウンド

ダイエットシェイクのような置き換えダイエットは、一般的にリバウンドの確率が高いと言われています。
頑張ってダイエットシェイクでダイエットをしても、リバウンドが起きては台無しです。
ダイエットの成果をいつまでも持続させることができるよう、リバウンドをしないダイエットを実践してください。
ダイエットでありがちなのが、目標達成までは頑張るのに、終わった途端一気に元通りの生活に戻ることです。
今ダイエットが必要な方は、今の生活習慣自体が太ってしまう生活習慣である可能性が高いのです。
例え体型がリセットできたとしても、今の生活習慣のままではリバウンドは当然ですよね。
食事や生活リズムがダイエットに適したものになるようにすることにダイエットシェイクを活用すべきなのです。
具体的に言うと、生活習慣の改善とは定期的な運動習慣を身につけることや、和食中心の食事に切り替えることです。
他にもダイエットに役立つ改善ポイントがあります。
日常的にベースサプリメントを摂ることやストレスをためないことです。
ダイエットシェイクと並行して、自分にできることからスタートしましょう。
ダイエットで目標を達成できたら、しばらくはダイエットシェイクを続けて体型が安定するのを待ち、生活習慣改善の定着を待ってからベースサプリへ移行してみてください。
ダイエットシェイクをダイエットのサポートとして使えば、体重減少に間違いなく役に立ってくれるでしょう。
リバウンド予防にも、ダイエットシェイクを適切に活用してください。
posted by dietbaribari at 22:00 | ダイエット 食事

ダイエットシェイクの効果について

ダイエットシェイクを摂取している人は、少ないカロリーで栄養摂取ができることを目的としているようです。
ダイエットシェイクを摂取することで食事量を抑えられれば、少ないカロリーでも栄養的に問題ありません。
しかも、ただ単純に食事制限するよりも空腹感が少なく、必然的にストレスも少なくなるので、ダイエットを継続しやすいのです。
そして燃焼効率アップ効果です。
普段の生活でビタミンとミネラルのバランスが崩れていると、気づかないうちに体はエネルギーを燃やせない状態になってしまいます。
そんな時、ダイエットシェイクを摂ることで最低限必要なビタミンやミネラルを補えば、体はエネルギーを燃やしやすい状態になるのです。
ダイエットシェイクにはプロテインが豊富に配合されているため、筋肉を増やすことも可能です。
体を支え、基礎代謝を維持するには、筋肉の存在が不可欠といえます。
ダイエットにダイエットシェイクを使うことで、体にも美肌にもいいダイエットが可能です。
ですが、安物のダイエットシェイクはビタミンやミネラルの量に問題があったり、成分表示に不正確な面があったりという危険性がありますので、買う前に確認をするようにしましょう。
販売されているダイエットシェイクには様々なフレーバーがついています。
オレンジやアップル、マスカットなどの他、ミックスベリーやバナナなど、数え切れないくらいあるようです。
同じ味では単調になりがちですが、色々な味のダイエットシェイクを飲めば、ダイエットの楽しみも倍増するでしょう。
posted by dietbaribari at 12:00 | ダイエット 食事

ダイエットシェイクは人気のダイエットアイテム

ダイエット商品として人気が高いものに、ダイエットシェイクがあります。
ダイエットシェイクはローカロリーでたんぱく質をたっぷり含んだ、優秀なダイエットドリンクです。
ダイエットシェイクには、体が1日に必要としている量のビタミンやミネラル、そしてたんぱく質としてプロテインが配合されています。
また、生体機能調節機能成分を含むダイエットシェイクもあります。
体にいい様々なビタミンやミネラルが、プロテインに添加されているダイエットシェイクもあるのです。
代謝効率のいい体質に体を改善し、偏りのない食生活を行うことが、ダイエットを上手に行うコツです。
ダイエットシェイクに含まれるマルチビタミンとマルチミネラルを摂ることによって、普段の食生活で不足しがちだった栄養素が補われ、脂肪を燃やしやすい状態を作ることができます。
ダイエットシェイクの主材料であるプロテインは、筋肉の増量に必須です。
ダイエット中は高カロリー食は避けたいものですが、そうなると肉などのたんぱく質が摂取しにくくなります。
ダイエットを成功させるためには体脂肪を燃やす必要があり、体脂肪を燃やすためにはたんぱく質で作られる筋肉は必須ですし、ダイエット運動のエネルギー源にもなります。
これまでアスリートが摂ってきたベースサプリメント+プロテインシェイクという組み合わせを、美味しく手軽に摂れるようにしたものが、ダイエットシェイクという名称で注目を浴びるようになったのです。
あなたも毎日の習慣に、ダイエットシェイクを摂り入れてみませんか。
posted by dietbaribari at 21:00 | ダイエット 食事

内臓脂肪を燃焼させるための方法

内臓脂肪はつきやすく落としにくいので、ダイエットや健康に関する雑誌などでもよく話題になるテーマです。
ダイエットで有酸素運動を行うことで、効率よく内臓脂肪を減らすことができます。
内臓脂肪を積極的に燃やすためにウォーキングやジョギング、自転車こぎなどの有酸素運動を行うことが、ダイエット運動として役立ちます。
摂取した脂肪は、内臓脂肪になる前は血液中に存在していますので、その段階のうちに有酸素運動で燃やします。
血液中の脂肪が足りなくなると蓄積されている体脂肪の燃焼が始まりますので、体脂肪を減らすには、まとまった時間の運動を続ける必要があります。
すぐに息が切れるような疲労の早い運動では、内臓脂肪ダイエットにはなりにくいようです。
有酸素運動の効果を高めるには、食事改善と運動を組み合わせてダイエットを行うなどで内臓脂肪燃焼の相乗効果をあげるといいでしょう。
摂取カロリーを減らすためにと食事を抜くことは、内臓脂肪ダイエットでは厳禁です。
内臓脂肪のダイエット方法は、自分が1日に必要とするエネルギー量を把握して、栄養のバランスのとれた食事を規則正しくとることです。
食物繊維やビタミン、ミネラルなどをたくさん摂取することで、ダイエット効果を高めることができます。
夕食は午後7時ぐらいには食べ終えておくと、夜中の10時に脂肪が溜め込みやすくなった頃には消化も終わっていることでしょう。
忙しくて夕食がどうしても遅くなりがちという方は、脂質や砂糖など脂肪になりやすいものを控えなから、ダイエットで内臓脂肪を減らしていきましょう。
posted by dietbaribari at 17:00 | ダイエット 方法・その他の情報

内臓脂肪の危険性

内臓脂肪による肥満体型が健康に良くないとされ、ダイエットが推奨されるのは、内臓脂肪型肥満は生活習慣病の要因を作ると言われているためです。
体内で内臓脂肪が蓄積されると、糖尿病の原因となる原因物質や、血栓を作り脳梗塞や脳血管疾患を引き起こす物質、動脈硬化の原因となる物質などを分泌します。
それだけ、生活習慣病リスクがアップするわけです。
男性は女性より生活習慣病にかかりやすいようですが、理由として内臓脂肪がつきやすいことがあげられます。
こういった事情から、ダイエットで内臓脂肪を代謝する必要性が出てくるのです。
内臓肥満型脂肪が多く体内にあり、生活習慣病の可能性が高まっている方を、メタボリック症候群といい危険視することがあります。
内臓脂肪が増加したために下腹が出っ張って見えてきたという症状は、中年男性によく見られる状況でしょう。
外からは分かりづらい内臓脂肪は、ウエストのサイズを目安にするとよいでしょう。
ウエストサイズが男性で85cm、女性では90cm以上だとダイエットを必要とする内臓脂肪型肥満の危険ラインだと言われています。
外から指でつまめるような皮下脂肪は少ないのに、腹まわりはかなりあるという方は黄信号です。
内臓脂肪を減らすためにダイエットをするという方は珍しくなくなり、男性でもメタボリック症候群予備軍と診断されたことを契機にダイエットをしているという方もいるようです。
これまで、ダイエットの目的はスリム&ビューティが主でしたが、内臓脂肪をダイエットで減らし健康な体を作ることも目的となりつつあります。
posted by dietbaribari at 09:00 | ダイエット 方法・その他の情報

皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満

人体には皮下脂肪と内臓脂肪という2種の体脂肪があります。
この体脂肪を減らしてダイエットを行います。
内臓脂肪と皮下脂肪はどちらも体脂肪ではありますがそれぞれ違う物質で、皮膚の下に存在する脂肪が皮下脂肪です。
皮膚を指でつまんだ時にわかる厚みが肥満度の指針となりますが、これが皮下組織で、体表に近く外部からの緩衝役にもなっています。
皮下脂肪型肥満体型は、見た目からして皮膚がたるんで見えます。
セルライトは、皮下脂肪が燃焼されないまま停滞状態にあるとできやすいものなので、それがダイエットの契機になったという方もいます。
ダイエットのきっかけに、皮下脂肪が体重増加の一因となり関節部にウエイトがかかりすぎているためというものもあるようです。
ですが、生活習慣病などの疾病は皮下脂肪型肥満では起こりにくく、内蔵脂肪方肥満の方に起こりやすい症状だということを覚えておきましょう。
ぱっと眺めた限りでは内臓脂肪の量はわかりません。
筋肉と内臓の間に存在する脂肪であり、お腹周りを測って推測するなどの必要があります。
体内でも血がよく流れている部分にある脂肪なので活動も活発なので、内臓脂肪は皮下脂肪に比べて増加も減少も盛んに行われているという特質があります。
性別によって体脂肪の増え方は変わります。
男性の場合は、脂肪を即効性のエネルギーとして使いやすいよう、内臓脂肪として蓄積されやすいようです。
そのため、体脂肪率の近い男性と女性を比較すると、内臓脂肪がより多い方は男性ということが多いようです。
ダイエットで体内の内臓脂肪の量を減らすことは、生活習慣病の予防効果が大きく、将来的な病気リスクを軽減できます。
posted by dietbaribari at 22:05 | ダイエット 方法・その他の情報