最近のダイエット記事
ダイエットと足痩せ方法の違い(10/28)
足痩せに必要なことや方法(10/27)
発芽玄米ダイエットの効果とは(10/26)
発芽玄米でダイエット(10/25)
体質改善ダイエットと基礎代謝(10/24)
体質改善とダイエット(10/24)
ふくらはぎが太くなるのはなぜ?(10/23)
ふくらはぎの効果的な痩せ方(10/23)
カロリーダイエットのメニュー(10/22)
カロリーダイエットとは(10/19)

<PR>
丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。

ダイエットにはデトックスサプリメントを

ダイエットには、デトックスサプリメントを摂取するという手法があります。
酸性雨や排水ガスには体に悪い成分が含まれており、これらを体内に取り込む機会は皆無ではありません。
水道水や青魚からの有害ミネラルも体を侵します。
デトックスは、これらの体に有害な成分を体外に出し、健康をいじする効果が期待されています。
リンパマッサージや入浴などで体内の血液やリンパの巡りを良くして代謝を整え、腸の働きを助けて便の排出を促進することで老廃物を体の外に出すようにするのがデトックスです。
ダイエットのためにデトックスを考えてはいるものの、多忙な毎日でそんな余裕がないという方には、デトックスサプリメントがお勧めです。
フラクトオリゴ糖は、デトックスサプリメントによく使われる成分です。
フラクトオリゴ糖は消化されずに腸まで直接行き、ビフィズス菌を活性化してくれます。
フラクトオリゴ糖によってビフィズス菌を活性化させることによって、ビフィズス菌の腸内環境を整えて善玉菌を増やす効果を助けることが期待できます。
ビタミンB1は炭水化物の消化作用をサポートし便秘に効果的なため、デトックスにいいといわれる成分です。
ビタミンCは下剤効果、体脂肪燃焼に役立つL−カルニチンを助ける効果があり、どちらもデトックスによるダイエット効果が期待できます。
アルファリボ酸も、体内脂肪に蓄積された水銀や砒素を肝臓に運んでくれ、体内で使われた抗酸化成分の作用を補い、基礎代謝を活発にしてくれるので、デトックスによるダイエットに効果が期待できます。
デトックスで老廃物を排出し、代謝を高めて脂肪の燃えやすい体質を作り、ダイエットを成功させてスリムアップを果たしましょう。
posted by dietbaribari at 14:00 | ダイエット 成分

ダイエットとデトックス

話題のデトックスは、ダイエットとは切っても切れない関係にあります。
腸は様々な老廃物が蓄積します。
ある程度の毒素は自力で体から出せるようになってはいるものの、何らかの理由で大腸に便などが溜まると、そこから悪玉菌が増えていきます。
大腸の悪玉菌が増えて毒素が増殖することでますます老廃物の排出能力が低下しますので、状況は悪化の一途を辿るのです。
ダイエットのために極端に食事量を減らしたり、水分をあまり摂らないでいると便秘になりがちです。
他には、運動不足やストレスなども影響します。
ダイエットがうまくいかない理由の1つに、便秘による新陳代謝の衰えなどが考えられます。
便秘がちな人のデトックスは、まず便秘対策から行いましょう。
便秘解消のデトックスをすることで新陳代謝が良くなり、脂肪が燃えやすくなるので、ダイエットしやすい体になります。
デトックスを考える場合、体から排出される物の全体の3/4を占める便は避けては通れず、便秘対策はそれだけ重要なわけです。
便秘を治すには、食物繊維や水分摂取を十分にするなど、食事内容を見直すことです。
適度な運動とストレスを溜めない生活も大切です。
肛門からお湯などを入れて腸洗浄を行う腸内洗浄も、ダイエット、体全体の健康や老化防止のデトックス効果で注目されています。
便秘解消のためのデトックスでダイエットを成功させて、きれいな体作りにチャレンジしてみませんか。
posted by dietbaribari at 06:00 | ダイエット 食事

上腹部とわき腹のおなかダイエット

上腹部のおなかをダイエットする方法をご紹介します。
イスに浅く座り、あごを引いてから足を閉じます。
そして、背を少々屈めます。
椅子の背もたれから5cmほど手前まで上体を倒し、そのまま4秒間我慢しましょう。
大事なことは上腹部の運動をすることですから、4秒数えている間は筋肉が固くなっているかどうか、触って確認してみましょう。
おなかのダイエットには、体を傾けて元に戻すまでを1セットとし、1回の運動で5セット〜10セットとして、これを繰り返し続けましょう。
これは座って行うおなかダイエットですが、寝て行うおなかダイエットもいいでしょう。
天井に顔を向ける姿勢で横になり、手を腹の上にあてます。
背を少し屈めながら、顎を引いて腹筋だけで上体を静かに起こします。
おなかの筋肉に力が込められていることを手のひらでチェックしながら、4秒キープします。
おなかの筋肉にちょうどいい負荷をかけるには、背中が床から少し離れているくらいの姿勢になります。
上半身を起こしすぎると運動効果が半減します。
ゆっくりと元に戻して1セットです。
5〜10セットを目標に頑張りましょう。
おなかダイエットには、わき腹の運動もあります。
手を肩と同じ高さにまっすぐあげた上体で、肩幅程度に足を開き、浅く椅子に座って行います。
腕の高さを維持したまま、体を静かに片側にひねって背もたれを持ちます。
4秒数えたら体を元の状態ににまで戻し、そして反対側に体をひねって同様に4秒数えます。
右と左に上半身を1回ずつ回して、1セットとします。
これを5〜10セット行います。
こういった運動なら、長続きするのではないでしょうか。
posted by dietbaribari at 11:00 | ダイエット エクササイズ・運動

下腹部のおなかダイエット

下腹部のおなかダイエットに効果的な運動をご紹介しましょう。
軽めに椅子に腰掛けて、足を組みます。
両手をテーブルにつけて、椅子とテーブルの間隔を開け気味にしてから、背中を丸めてみてください。
両手をテーブルについた状態をキープしたまま、組んだ足の膝が胸の辺りまでくるよう引き上げます。
下腹部のあなかダイエットには、太ももとおなかをピッタリくっつけることがポイントです。
足の上下を組み替えながら、足を持ち上げて下ろすまでを5〜10セットずつ続けます。
下腹部のおなかダイエットには、仰向けに寝た状態で両膝を抱え、膝を胸までゆっくりと引き寄せて戻すことを、5〜10セット行う方法もあります。
下腹に力が入っていることをしっかり意識するのが、下腹部のおなかダイエットのポイントです。
次に、下腹部のおなかダイエット日常意識編です。
背中が丸まっていると、おなかもだらしなくたるみがちです。
腹筋に力を込めて下腹を引き締め、立っている時は背筋を伸ばしてあごを引き気味にすると効果があります。
日頃の心がけで姿勢を直すことだけで外見的な印象もぐっと若々しくなります。
筋トレにもなりますので、座っている時も背筋や腹筋の意識は続けてください。
やや腰を下げ気味に、ホースを短めに手にすると掃除をしながらのダイエットができます。
太ももとおなかが圧迫し合って下腹部が鍛えられるほか、上体を左右にひねればわき腹の引き締めにもなり、おなかダイエットの効果的です。
posted by dietbaribari at 21:00 | ダイエット 食事

おなかダイエット

おなかダイエットとは何でしょうか? 部分的なダイエットは本当に無理なのでしょうか?おなかの周りについた肉を効率よく落とすという部分的な引き締めはできなくはありません。
おなかに貼り付いているぜい肉をシェイプアップさせ、運動によって脂肪燃焼を促進することで、目に見える変化が期待できます。
おなかの脂肪が燃えやすく、蓄積されにくい体を作るというわけです。
おなかまわりの筋肉を動かす運動をすることでおなかダイエットができるのですが、腹筋運動はきいつから避けたいという人は大勢いるようです。
苦しいばかりで脂肪代謝効果の薄かった小学生の頃の腹筋では、おなかダイエットにはなりません。
腹筋だけを鍛えるなら、もっと楽な運動で十分です。
腹筋力をアップさせるためには、日常生活での意識が不可欠です。
移動中や台所仕事中におなかに力を入れ、筋肉を固くすることによって、運動効果を得ます。
まずは7日間ほど、おなかの筋肉に意識して負荷をかけてみてください。
コツコツと続けることが、後の効果を表します。
意識して使わない限りおなかの筋肉を使う機会は少ないので、ちょっとした心がけを続けることは大きな効果をもたらし、引き締めが実感できます。
腹筋は体を折り曲げる時に使われます。
このことを覚えておけば、あらゆる動作に応用できるのです。
今この瞬間からでも、おなかダイエットを開始してはどうでしょう。
posted by dietbaribari at 16:00 | ダイエット エクササイズ・運動