最近のダイエット記事
ダイエットと足痩せ方法の違い(10/28)
足痩せに必要なことや方法(10/27)
発芽玄米ダイエットの効果とは(10/26)
発芽玄米でダイエット(10/25)
体質改善ダイエットと基礎代謝(10/24)
体質改善とダイエット(10/24)
ふくらはぎが太くなるのはなぜ?(10/23)
ふくらはぎの効果的な痩せ方(10/23)
カロリーダイエットのメニュー(10/22)
カロリーダイエットとは(10/19)

<PR>
丸の内、タニタ食堂のメニューに近い、
ダイエットや糖尿病を意識した、おいしい食事宅配サービス

健康やダイエットに良い食事といっても、自分で考えて、
規則正しく食べるのは、なかなか出来ないものです。
そんな方に便利で、結果的にリーズナブルな、
栄養士と料理のプロが作った宅配食事サービスです。

豆腐ダイエットの人気の理由

近年は多くの人がダイエットに熱中しているようです。
ダイエットを売り物にした商品は数多く、そして社会現象になるほどの影響をもたらしています。

最近では、朝バナナダイエットというダイエット方法があります。
バナナを食べてダイエットをするという手軽さが受けたのか、メディアで紹介されたことを皮切りに、店先のバナナがなくなるほど流行ったのです。

豆腐ダイエットは、数多くのダイエットが現れは消えていく中、常に人気のあるダイエット方法です。
入手が容易であること、手軽にダイエットができることが豆腐ダイエットの利点です。
豆腐という食品そのものが健康にいい食材であるこということもあり、常に一定の人気があるダイエットといえます。

そもそも豆腐は、栄養素が高く低カロリーであり、ミネラルやビタミン、良質なたんぱく質を多く含む優秀な食材です。
ダイエット中でも健康を保つためにはある程度脂質が必要です。
豆腐ならちょうどいい量の脂質や、女性にいいイソフラボンを含んでいます。
体内に留まっている悪玉コレストロールを取り除く作用がある大豆サボニンも、豆腐は含有しています。

体にいいダイエットを行うには、豆腐はうってつけの食材です。
多忙な日常に追われている社会人や育児や家事で忙しい主婦でも、ダイエットに予算が割けない人でも手軽に実行できます。長期間に渡って多くの人に支持されている要因はここにあるのではないでしょうか。
posted by dietbaribari at 07:07 | ダイエット 食事

ダイエットコーヒーの飲み方

ダイエットコーヒーは、飲みさえすれば思うままに体重が減っていくような便利なアイテムではありません。
例えば、これまで飲み物にはジュース等の糖分過多な飲料ばかりを摂取していたという人が、それらの飲み物をやめてダイエットコーヒーにしたという場合ならぱ、ただコーヒーを飲むという行為だけで脂肪の蓄積を抑えてダイエットになるかもしれません。

コーヒーには食欲を抑える影響もあるようなので、ダイエットコーヒーを飲むことで、食事制限ができる可能性もあります。
ダイエットに影響が出るようなコーヒーの飲み方を知るためには、ダイエットコーヒーの特徴を知っておくといいでしょう。
また、運動によって脂肪を燃焼させる前にダイエットコーヒーを飲むことで、ダイエットの助けとなります。
コーヒーによって脂肪の燃えやすい状態を作ることで、運動の効率が良くなります。

ミルク入りや砂糖入りのダイエットコーヒーは効果が半減します。アメリカンな味に仕上がっているダイエットコーヒーは、砂糖やコーヒーポーション等を入れずとも飲むことができます。
摂取カロリーを抑えたい人には、ダイエットコーヒーの低カロリーは嬉しい特徴です。
しかし、ミルクや砂糖が加わることにより、カロリーが高くなり、脂肪を蓄える原因になってしまうので注意が必要です。
ダイエットの大敵は砂糖です。
ダイエットコーヒーに含まれる脂肪燃焼に役立つカフェインが、砂糖によって分解されてしまいます。
体重を減らしたくて飲んでいるダイエットコーヒーが、砂糖やミルクを入れたために効果が半減してしまいます。
posted by dietbaribari at 15:20 | ダイエット 食事

ダイエットコーヒーの成分

ダイエットコーヒーの含有成分は、他のコーヒーとは少々違います。
普通のコーヒーは豆の焙煎が様々です。
焙煎とはコーヒー豆を火力で煎ることを言います。
コーヒーを飲むためには、コーヒー豆は焙煎する必要があります。
焙煎していないコーヒー豆ではコーヒーを出すことができません。
焙煎の方法も様々で、どういった焙煎をするかによってコーヒーの含有成分、味わいにも差がでます。

ダイエットのためのコーヒーに仕上げるには、焙煎は浅焙煎で行われるようです。
コーヒー豆に含まれるカフェインは、焙煎で一部が飛ばされます。
よりカフェイン成分を多く残すため、ダイエットコーヒーは浅焙煎です。
カフェインの量にこだわる理由は、カフェインには脂肪の燃焼を助ける作用があると考えられているからです。

浅煎りの焙煎と深入りの焙煎のコーヒー豆を細かく分析した時、それぞれが含むカフェインの量の差はあまり大きくないという研究もされていますが、ダイエットのためには、できる限りカフェイン量の多いコーヒーを飲んでダイエットコーヒーの効果を得たいものです。
そのため、ダイエットのためにダイエットコーヒーを選択する場合、よりカフェイン量の多い浅焙煎にしたいと考える人は多いのではないでしょうか。

この他にも、ダイエットに役立つクロロゲン酸は焙煎前のコーヒーに多く含有されていることからも、ダイエットコーヒーに浅煎りが使われます。
脂肪の代謝に役立つクロロゲン酸とカフェインが豊富に含まれるコーヒーでダイエットをするため、コーヒーダイエットではコーヒーの選択に気をつけましょう。
posted by dietbaribari at 11:00 | ダイエット 食事

ダイエットコーヒーについて

数あるダイエット方法の中でも、ダイエットコーヒーは有名です。

現在の日本は健康を求める声がますます強くなり、それに伴ってダイエットを行う人も増えています。
少し前まで、ダイエットとは美容目的に女性の行うものだと見なされていました。
しかし、メタボリックシンドロームと言う言葉が流行したことからも分かるように、今は女性に限らず、老若男女、誰もがダイエットに取り組んでいる時代になっているのかもしれません。

ダイエットには、カロリーを制限したり、特定の食品一品だけを摂り入れる方法や、特定の食品だけを摂り入れなかったりするダイエット方法もあります。
食べるものに着目したダイエットだけでなく、毎日の習慣に有酸素運動を組み込んだダイエットや、エクササイズによるダイエットなどもあります。
どこにも紹介されたりしていない、独自のダイエット方法に取り組んでいる人も多くいるのではないでしょうか。

コーヒーダイエットは、そのような数あるダイエット方法の1つです。
ダイエット方法として、コーヒーを使うのがコーヒーダイエットです。
ダイエットコーヒーというダイエット向きのコーヒーが販売されています。
使用しているコーヒー豆に凝っているという点がダイエットコーヒーの特徴で、普通のコーヒーとは成分からして違っているので注意してください。

コーヒーダイエットでは、どのようなコーヒーを選ぶかも大事なポイントとなります。
無糖タイプのコーヒーを飲んでいる人もいますが、ダイエットコーヒーとは違うものであることは購入時によく知っておく必要があります。
posted by dietbaribari at 21:54 | ダイエット 食事

男性のおなかダイエットについて

男の人にとっても、おなかダイエットは有用です。
おなかダイエットは美容のためだけでなくメタボ改善にも重要ですので、男性にとっても大事なことなのです。
おなかダイエットを始める男性は、女性のようにボディラインの改善目的ではなく、体脂肪を減らしいつまでも健康でいることを目的としているようです。
特に男性は、体内に蓄積された脂質が内臓脂肪になりがちて、血圧上昇や心臓病リスクが高くなりがちです。
病気を未然に防ぐことは、日頃の体脂肪率の高さが気になっている人にとってはダイエット以上の価値があるでしょう。
脂質を多く含む食事を控え、適度な運動をし、酒や煙草などの嗜好品を減らすところから始めましょう。

おなかダイエットへのモチベーションを維持するためには、家族の協力やサークルぐるみでの取り組みも重要です。
多人数でのおなかダイエットは、効率を上げるためのいい方法です。
自分一人だけで頑張るのではなく、気心の知れた相手と理解しあいながら頑張ることによって、長く続けていけるのではないでしょうか。

ダイエットを達成するにはジムに通ったり、おなかダイエット効果のある器具を買うという方法がありますが、それらを行う時は慎重にしましょう。
途中で嫌になって投げ出したときに、高い請求書と後悔だけが残り、ダイエット自体に対する気力すら無くなってしまうからです。
手軽に始められることから取り組んで結果を見るのがまず第一です。
できることから少しずつ増やしていきましょう。
posted by dietbaribari at 13:02 | ダイエット 方法・その他の情報

おなかダイエットに効果的な運動法

ふくらんだおなかをへこませるためには、おなかを使う運動がいいでしょう。
おなかダイエット向きの、おなかに力を込める運動には、おなかをよく動かすベリーダンスなどの運動が適しています。
また、毎日腹筋をすることや、ヨガにチャレンジすることもおなかダイエットにいいですが、運動そのものがストレスになるようなら運動方法を変えてください。

おなかのダイエットは継続してこそ意味があります。
毎日の有酸素運動によって体内の脂肪を燃やし、おなかのでっぱりを解消しましょう。
有酸素運動は脂肪を燃やす代謝力を高める効果が期待できる運動です。
この有酸素運動を上手に活用することによって、おなかまわりの脂肪を燃やしましょう。

健康維持やスリムアップのためには、有酸素運動であるウォーキングやジョギングが効果的ですが、おなかだけを減らすというダイエットではありません。
また、軽い運動はストレスを発散させてくれます。
ストレス過多や運動不足になるよりも、好きな運動を取り入れた生活を心掛けてください。
運動が習慣になることで、体内の状況も上向くことでしょう。
ダイエット目的でも運動が日々の楽しみになってくれば、煙草の吸いすぎやお酒の飲み過ぎといった事象起こりにくく、二重三重の効果が期待できます。

おなかダイエットだけにこだわらず、健康を手に入れる為にも気軽に運動を楽しめたら良いですね。
posted by dietbaribari at 17:16 | ダイエット エクササイズ・運動

おなかダイエットの為の食事法

おなかをダイエットする為の食事方法についてお伝えいたします。
様々な人が、それぞれの目的でおなかダイエットにトライしています。
色々な服を着てみたいという人や、内臓脂肪を減らして健康になりたいという人などです。
ぽっこりおなかは、腸内環境を良好にすることで改善することが出来ます。

おなかをダイエットしたいのなら、まず朝ごはんはしっかり食べましょう。
決まった時間に食事を摂ることは、体内環境を整えるので健康的なダイエットに大変効果的です。
朝ご飯代わりにバナナを食べるという人もいるようです。
何も食べずに出かけるよりは、整腸作用があるバナナを食べるという方がおなかダイエットにはいいでしょう。

いくらおなか周りが気になるとはいえ、断食ダイエットはあまりおすすめできません。
それから、お菓子だけ食べるという食事制限によるダイエット方法を実践する方もいますが、あまり好ましくはありません。
おなかのダイエットには逆効果で、おなかがたるみ体調不良の一因にもなってしまいます。
更に体力が減ってバテやすくなりますので、バランスの良いメニューを考えてくださいね。
野菜スープなどの形で、食物繊維や水分を十分に摂取してください。

おなかダイエット達成のためには、食物繊維や水が重要です。
おなかのダイエットには、食べ物から食物繊維を摂取したいものですが、無理ならサプリメントを使うという方法もあります。あくまで食事は食事として、きちんと3食摂ることがおなかダイエット成功のポイントです。
posted by dietbaribari at 09:59 | ダイエット 食事

簡単にできる野菜スープダイエット

野菜スープを使ったダイエットは、簡単な方法でだれもができるダイエット法なのです。
ダイエット中は、この野菜スープを夕食時に必ず1杯以上食べ、それを1週間続けて毎日食べるのです。
このスープなら、お腹いっぱい食べてもいいということです。
このスープダイエットの効果をもっと実感したい人はスープを飲む以外にも、焼いた魚や肉類をなるべく避けたりパンやクッキーや揚げ物などを避けたり、甘味料を摂らないように気をつけるとよいでしょう。

この野菜スープを毎日毎日食べ続けるのでは、まず飽きが来るのではないかと思う人もいると思いますが、味付けはどのように工夫してもかまわないことになっているので、カレー味やしょうゆ味など、好みに応じて変化を与えるとそれも防げるでしょう。

また不規則な生活のために夕食を決まって食べることができない人は、朝食や昼食のときに食べても大丈夫です。
野菜スープダイエットでは、この野菜スープを無理することなく都合のいいときに食べればいいのです。
ダイエットを始めると、どうしても食事の制限に苦しむことになるという人も多いかもしれませんが、野菜スープダイエットの場合、この野菜スープであればいくらでも食べられるということで、空腹に苦しむことがないですし、肉類も蒸したものであれば食べることができます。
また、こんなスープダイエットで作られる野菜スープは、どんな人でも食べられる体によいスープなのです。
ですから家族みんなで食べることができます。

ただスープダイエットを実践するときに、持病のある人などは問題がないか、医師に相談するようにした方がいいでしょう。
そんなダイエットの効果のみならず、体にもよいとされる野菜スープを利用したスープダイエットは、体の内側からきれいにしてやせたい人にとってはもってこいのダイエット方ということができるでしょう。
posted by dietbaribari at 21:27 | ダイエット 食事

スープダイエットのメリットとデメリット

スープダイエットのメリットのひとつとして、まずしなければならないことが簡単で、ストレスがたまりにくいということがあります。
メリットの2つ目は、実際に痩せるという事です。
ダイエットスープは、カロリーにして600?700キロカロリーほどです。
スープダイエットでは、時折食べるフルーツは500キロカロリー程度で、野菜類は300キロカロリー程度です。
スープダイエット中の7日間のうち、肉が食べられない5日間に、たっぷりの野菜スープや果物、野菜を食べたとしても、1日の摂取カロリーは1500キロカロリーくらいなので、まずほとんどの人がやせるはずなのです。
ダイエットについてある程度知識を持っていないとしても、問題なくだれでも取り組むことができるのがスープダイエットのメリットのひとつといえます。

スープダイエットのデメリットとしてあげられるのが、たんぱく質の絶対量が不足することです。
体を壊してしまうというわけではありませんが、肉を食べる日のみで、不足しているたんぱく質の量を補修するという、いびつな形の栄養摂取方法になっているといえます。同様に炭水化物の量も足りないという点がデメリットとしてあり、スープダイエットを行っている間に摂取できる炭水化物の量は、果物からのみの少量になっている点があります。
糖分の摂取量が足りないと、血液中の血糖値や中性脂肪量の調整が難しくなるため、そんな栄養面の問題から言うと、スープダイエットのスケジュールは少し無理があるといえるかもしれません。
デメリットを無視してスープダイエットでしっかりやせることができたとしても、終了後にリバウンドを起こす可能性がないわけではありません。

このように、スープダイエットは短期の間にダイエットしたい場合に利用するダイエット法といえます。
posted by dietbaribari at 23:15 | ダイエット 食事

ダイエットスープのレシピ

スープダイエットのためのダイエットスープのレシピを以下に紹介しますので、これでダイエットに挑んでみましょう。

材料として、玉ねぎ 大3個、キャベツ1/2個、セロリ 1/2?1本、ピーマン 大1個を用意し、それぞれを一口大に切っておきましょう。

野菜を準備したら大き目の鍋にチキンスープの素1個、ホールトマト1缶と共に入れ、水をひたひたまで加えたら10分煮込み、あとは好みで煮込むようにします。

仕上げは塩コショウで味付けし、好みによりチリソースやカレーパウダーを加えれば、ダイエットスープのできあがりです。

ダイエットスープは7日間のスケジュールの中で利用するもので、初日はスープとフルーツの日です。

バナナ以外のフルーツは何を食べてもOKで、水分は水か100%果汁ジュースで補います。

2日目にはスープと野菜のみを食べますが、油を使うのでなければ調理の仕方に制限はなく、野菜は、豆類やスイートコーン以外であればなんでも自由です。

3日目にはスープ、フルーツ、そして野菜を食べますが、ダイエットスープ、野菜、フルーツどれも好きな量を食べられます。

4日目は、スープ、バナナ、そしてスキムミルクの日となっており、バナナ3本を食べて、水を多めに飲みますが、500CCの水でスキムミルク適量を溶き、飲むようにします。

5日目は、スープと肉とトマトの日で、豚肉または皮なしの鶏肉または煮魚を350?700g、トマトは6個迄食べてOKです。

6日目は、スープと牛肉と野菜の日で、牛肉、野菜はいくら食べてもOK、1杯はダイエットスープを飲みましょう。最後の日には、野菜と玄米、フルーツジュースを摂るのですが、野菜、玄米、100%のフルーツジュースを摂り、ダイエットスープは1杯飲むようにします。
posted by dietbaribari at 13:59 | ダイエット 食事

ダイエットスープによるダイエットとは

またの名を脂肪燃焼スープとも呼ばれている、ダイエットスープを使ったダイエットのお話をします。
まずスープダイエットというダイエット法があり、7日間野菜スープとある決まったメニュー中心の食事をしてダイエットを行うのですが、これに用いられるのがこのダイエットスープなのです。
このスープダイエットには、いくつかの注意すべき点があります。
まず1つ目のスープダイエットの注意点は、スープはいつでも好きな量を食べて構わないことです。
スープダイエットにはこんな自由なところがあって、それが人気の秘密ともいえるでしょう。
7日間のスープダイエット中は、スケジュールにのった食品を食べる決まりになっています。
スープダイエットを行う間は、揚げ物やパンなどのような小麦粉を使用したものを食べてはならない決まりになっています。
飲み物は水、お茶、ブラックコーヒー等糖分を含まない物に限られますが、100%ジュースは大丈夫です。
炭酸飲料やアルコールを飲むことはできず、砂糖等のあらゆる甘味料もダメです。
アルコールは前日に飲んでいて体に残っていると感じられる場合、24時間たってから開始します。
7日間の食事のスケジュール中、肉を食べる日が決まっていて、その日は牛肉を除く脂身のついていない豚肉、油を使わないで調理した鶏肉、まはた煮魚であれば食べていいことになっています。

スープダイエット中は、体が必要とする栄養素を十分に摂取できない日もあるので、いわば断食ダイエットととらえて決して無理をせず、実践するには体調のよいときを選ぶようにすることをお勧めします。
posted by dietbaribari at 20:47 | ダイエット 食事